UCカードの特徴

UCカードは、元はみずほファイナンシャルグループのUCカード株式会社が発行していたクレジットカードでした。
ですが、2006年にクレディ・セゾンに吸収合併された事により、UCカードはそちらに承継される形となったのです。
発行会社が変更となった事で問い合わせ窓口は変わったものの、それまで通りの各種サービスは利用できるようになっています。

 

UCカードで永久不滅ポイント

 

クレディ・セゾンが発行するクレジットカードになった事から、UCカードによって貯められるポイントは永久不滅ポイントになりました。
これは有効期限がない上に、永久不滅.comというサイトを経由したお買い物でポイントが最大限に30倍も貯める事ができます。

 

UCカードの種類

 

UCカードにはたくさんの種類があります。
クレディ・セゾンが単独で発行しているスタンダードタイプ以外にも、航空会社、大型家電量販店などと提携して発行するカードなど豊富な種類があるのです。

 

そのスタンダードカードの中でも、一般カードにゴールドカード、セレクトカード、リボ払い専用のカードなど六種類も展開しているのです。
その中には30歳未満を対象にしたヤングゴールドカードもあります。

 

これだけあると自分に合ったUCカードが見つけられそうですよね。

 

提携カードも人気

 

提携先のサービスを受ける頻度が多い人にとっては高いポイント還元率があり様々な優待サービスが受けられるので、UCカードの提携カードも人気があります。

 

例えばビックカメラとの提携カードであるビックカードインターナショナルでは、年会費は無料なのにビックポイントがビックカメラでの利用でなんとポイント還元率9%になるのです。
これはものすごく大きな特典であり、ビックカメラで大きな買い物をする事があるならばこのカードを作ってからにしたい、とすら思えるカードです。

 

他に、同様に家電量販店ですがヤマダ電機との提携カードであるヤマダLABIカードも人気カードの一つです。
UCカードという名前がついてないけれどれっきとしたUCカードなのです。
お勧めなポイントはやはりポイント還元率の高さ。
このカードならヤマダ電機での利用ではポイント還元率が10%になるのです。
ヤマダ電機を利用する方には絶対にお得ですし、ヤマダモールを利用する事でポイントが1%加算されるのも見逃せませんね。
もちろん、永久不滅ポイントはヤマダポイントにも交換できるのでヤマダ電機で家電をよく買うなら持っておきたいカードです。
コスモ石油利用でもヤマダポイントが貯められます。

 

また、みずほ銀行を利用する方にお勧めなのはみずほマイレージクラブカードです。
これはEdy機能搭載のクレジットカードで、キャッシュカード機能も備えている為とても便利です。
みずほ銀行ATMや提携ATMでの手数料は無料になるので持っていると便利でお得に使えます。
このカードで貯めたポイントはANAのマイルに交換する事が出来るので、飛行機に乗る方には良さそうですね。

 

他には、ちょっとマニアックなカードとしてMileagePlusUCカードというのもあります。
これは出張や旅行でユナイテッド空港をよく利用する人にはお勧めなクレジットカードです。

 

海外や国内の旅行傷害保険サービスが充実していて、国内では最高1000万円まで、海外では最高2000万円まで補償してもらえます。
パッケージツアー、海外でのレンタカー代金の代金割引特典などもあるので、出張や旅行によく行く方にとってはある程度は価値のあるカードといえるでしょう。
年会費は無料ではないとはいえ、旅行する方にはそれ以上のサービスを受けられます。

 

Tokyo Metro To Me CARD

 

このカードは、東京地下鉄の提携していて、東京メトロユーザーにとって良いとされるクレジットカードです。
その理由は乗車ポイントが加算されるからです。
PASMOのオートチャージサービスも利用する事が出来るのも便利です。

 

年会費は無料ですし、普段から東京メトロを利用される方には知らず知らずのうちににポイントが貯められるお勧めカードですね。

 

ポイントを貯める有効な方法としては、東京メトロの定期券を購入するというものがあります。
これだと、メトロポイントとUC永久不滅ポイントがダブルでもらえるからです。

 

普段の自分の生活の中で、どのUCカードが一番効率よくポイントを貯められるかチェックしてみて欲しいと思います。

 

UCカードは、基本的に年会費が発生してしまうものが多い為それをカバーするだけの特典やサービスが受けられないならば発行するのは控えた方が良い場合もあります。

 

しかし、どのUCカードも永久不滅ポイントなので有効期限を気にせずにゆっくりじっくりとポイントを貯めて行く事ができます。
ポイント還元率は基本は0.5%なのであまり良いとはいえませんが、ポイントも有効期限が切れてしまっては意味がありません。

 

自分の生活の中でもよく利用する店と提携するUCカードなら年会費を支払ってでも持っている価値はあるといえるでしょう。

トップへ戻る