マイ・ペイすリボのメリット

マイ・ペイすリボは、ショッピングあらかじめ指定している毎月の支払い金額を超えた分が、リボ払いとなる支払方法のことで、三井住友系カードで利用することが可能です。
毎月の支払いは、最低支払い金額の5000円からで、最低お支払い金額以上であれば、一部でも全額でも都合にあわせて支払うことができます。
あまりクレジットカードを利用しない人にはあまり仕組みがわからないかもしれませんが、実際にクレジットカード払いをした金悪よりも、毎月の支払い金額を少なくすることができるサービスとなります。
ただ返済が少なくなるわけではなく、マイ・ペイすリボの場合は、あくまでも10万円の買い物をした場合、毎月1万円ずつ10ヶ月にかけて支払い続ける必要があります。
毎月2万円の設定をしていれば、5ヶ月にわたって支払っていくことになります。
マイ・ペイすリボは、1度設定を行うと、その後の支払いはすべて1回払いから小分けした支払いであるリボ払いに切り替わります。
気をつけないといけないことは、コンビニで買った500円も、デパートでかった9万円のものもすべてリボ払いとなりますから、小分けにこれは1回払い、これはボーナス払いなどという設定はできなくなります。

 

通常の三井住友カードであれば、1回払いやリボ払い、ボーナス払いなどから選択することができますが、マイ・ペイすリボは三井住友カードすべてがリボ払いになります。
そのため常に支払い方法を選びたいという人は、このマイ・ペイすリボには不向きといえます。あくまでもどんな支払いもリボ払いにしたいという場合や、財布がピンチな人に適したサービスといえます。

 

もし必要な時にだけリボ払いをしたいという場合にもマイ・ペイすリボは不向きです。
普段は一括払いで、時々しかリボ払いを使用しない場合は、マイ・ペイすリボを使わずに都度リボ払いでと伝えた方がお得です。
マイ・ペイすリボは、月の支払い金額は最低でも5000円となりますから、月の支払いを500円や1000円にすることはできません。
マイ・ペイすリボにした方が支払いが楽になると思う人も多いと思いますが、マイ・ペイすリボは金利手数料が発生してしまいますから、気をつけないとどんどん手数料が膨らんでしまう危険性もあります。
マイ・ペイすリボでは、未払い金に対してのみ金利手数料が発生する仕組みとなっていますから、未払い金顔多くなればなるほど発生する金利も高くなってしまいます。

 

マイ・ペイすリボのメリットとしては、
・年会費がやすくなる
・ポイントがたまりやすい
・ショッピング保険が付帯
このような点があげられます。
マイ・ペイすリボのサービスに登録し、年に1度でも三井住友VISAカードを利用すれば、年会費は無料になります。また年会費が高いゴールドカードについても、マイ・ペイすリボにするだけで年会費を半額にすることが可能です。

 

またマイ・ペイすリボにすれば、ワールドプレゼントを通常の2倍ためることができます。ただワールドプレゼントのポイントが2倍になるのは、リボ払いの手数料が発生した場合だけですから、月額支払い額以下の利用や三井住友カードを使わなかった場合には、ポイント2倍にはなりませんから、注意が必要です。
クレジットカードマニアの中には、わざと月の支払い金額を上手に調整し、金利発生を1円程度に抑えながら2倍のポイントを獲得するという人もいます。
やり方は、マイ・ペイすリボの未払い残高のぎりぎりまで繰り上げ返済をしてしまうだけで、金利発生の対象となる金額を最小限に抑えることができますし、金利は1円でもポイントは2倍になるというメリットがあります。

 

また三井住友VISAカードでリボ払いをすると、ショッピング保険が適用となります。
ショッピング保険は、クレジットカード払いで購入した商品が、壊れてしまったり盗難にあった場合に損害を補償してくれるサービスで、通常の1回払いではショッピング保険は適用されませんが、マイ・ペイすリボならショッピング保険は適用されます。

 

一方デメリットとしては、
・リボ払いの手数料がふくらむ
・ポイント目当ての利用は危険
このようなことが考えられます。
マイ・ペイすリボは未払い金対して金利手数料が発生しますから、5万円の未払い金には月額625円の金利手数料がかかりますし、10万円の未払いの場合月額1250円の金利手数料がかかります。
50万円の未払いの場合には、月額6250円の金利手数料がかかりますから、当初は月額数百円の負担ですんでいても、いつの間にか金利負担だけで毎月5000円以上の出費になるというケースも少なくありません。
そのため、どうしてもマイ・ペイすリボを使いたいのであれば、月額の返済額を多めにするか、繰り上げ返済を行うことが必須となります。
またポイントが2倍になるというメリットがありますが、マイ・ペイすリボで得られるポイントよりも、金利手数料として支払う金額の方が大きくなるような場合には、2倍のポイントをもらっても意味がありません。
単純にポイントが2倍になるからという理由だけで、マイ・ぺいすリボを使うのは危険です。

トップへ戻る