dカードの特徴

この世の中には多種多様なのクレジットカードが存在する。
どの商業施設に行っても、その施設のクレジットカードをお勧めされた経験が誰にでもあるんじゃないだろうか。
今回はその中でもdカードというものに関して自分の知識の中ではあるがご紹介させていただきます。

 

dカードとは携帯会社のドコモが提供しているクレジットカードである。カードには2種類ありレギュラーカードとゴールドカードが存在する。

 

共通する特徴
dカードはドコモポイントカードの機能も兼用しておりローソンやマクドナルドで提示すると100円につき1ポイント、ドコモポイントが付与される。貯まったポイントを使ってお買い物も可能である。

 

dカードにはIDというおサイフケータイ機能もカードと一体化している。大手コンビニチェーンやイオン内などでカードをかざすだけでお会計が済んでしまう。またローソンでID決済すると、その場でのレシートにはお会計そのままの金額が印字されているが実際口座から引き落としされるときには3%オフの金額が割り引かれる。

 

dカードで家電など何かしら一括でも分割でもいいのでクレジット決済するとその金額に対して100円につき1ポイント、ドコモポイントが付与される。ドコモポイントをメインで貯めていきたいのであれば公共料金などもdカードをとおしてお支払いしていくとなおポイントが貯まりやすくなるだろう。

 

クーポン利用可。ゴールドカードのほうがいいクーポンをもらえる。ただし地方にはないお店のクーポンだったりもするので一般的に使いやすいとは言い難い。。

 

ETCカードの契約も可能。ETCご利用料金ももちろん100円につき1ポイント貯まる対象。前年度に利用履歴がなければ年会費も発生。

 

レギュラーカードに関して
レギュラーカードは初年度年会費無料で2年目以降は前年度に一度でもカードのご利用がなければ1250円の年会費がかかってしまう。ただしdカードを作られるとドコモの携帯料金をこのdカードでのお支払いに設定すれば特に年会費の心配もなくなり、お手軽にポイントをためたければこちらがよい。また初めてのクレジットカード契約の方に対しても気軽に持てておすすめである。

 

ゴールドカードについて
ゴールドカードは年会費が1万円かかるがドコモのご利用料金1000円に対して100ポイント付与という10%還元が魅力のカードである。10%還元が受けれるカードはなかなかない。雑誌の中でもおすすめゴールドカードランキングでも取り上げられるほど。ただし10%還元対象の料金にもルールがあるため思ったほどポイントがたまらないという人もいるだろう。契約する際はどのくらいポイントが貯まるかスタッフの方に試算してもらうことを忘れないように。

 

家族カードが作成可能。年会費1万円で家族カードが1枚無料で作成可能。2枚目以降は別途年会費がかかる。年会費1万円で家族カードまで含めると2枚のゴールドカードの契約できるので大変お得である。

 

最近はドコモ光だったりシェアパックという家族でGBを分け合うプランの代表だったりで、お支払いの代表者が支払額が大きい傾向にあるため、たとえ年会費がかかろうとも獲得できるポイントが大幅に年会費を超えているケースも多い。そういう方は目に見えてポイントの貯まり方が変わるのですでに契約済みのお客様も多いとおもわれる。

 

海外旅行保険と国内旅行保険がついている。空港のラウンジが使えるので旅行が好きな人はポイント還元が少なくても契約されるケースもある。

 

ケータイ保障の特典がついている。現在ご利用中の携帯電話が修理不可能だった場合に限り同一機種への機種変更を行いその機種変更で発生した機種代金が最大10万円まで保障される。dカードにて一括で決済必須だったりdカードセンターから届く必要書類への記入だったり審査があったりと手間はかかる。iphoneの場合は修理不可能であることが記載されている用紙をappleにてもらわないといけないなどルールも多い。

 

時期によってはもらえる特典
dカードにはIDというおサイフケータイ機能が一体化されているが、どのID決済が減額になるキャッシュバックがもらえる場合がある。これは時期によるしいくらキャッシュバックなのかも変動する。決まったサイトにてエントリーが必要なこともある。これも契約する際にキャンペーンの冊子をもらったりスタッフに尋ねるのがいいだろう。

 

dカードを申し込む際はネットからかドコモショップにて受付している。またドコモショップではご自宅で必要事項記入して郵送にて申し込みできるdカード申し込み用紙の配布を行っている店舗もある。しかしキャンペーンの案内やポイントの貯まり方の試算だったりもあるので店舗に出向いて申し込みをお勧めする。

 

店舗で申し込み場合は機種購入と同時に申し込みすると機種代金割引等のキャンペーンをやっている店舗もなかにはあるので申し込むお店を探してみるのもいいかもしれない。

トップへ戻る