P-oneカードの特徴

P-oneカードは、クレジットカードの一種です。
あまり知名度はないのですが、ファミリーマートやTSUTAYAなどとの提携カードを含めると、全国におよそ500万人の会員が存在しています。

 

発行しているのは、ファミリーマートの子会社である「ポケットカード株式会社」です。
こちらは東証一部上場企業なので、信用度の面では問題ないでしょう。

 

そして、P-oneカードにはいくつか種類がありますが、最も人気があるのは年会費が無料の「P-one standard」です。
「18歳以上(高校生は不可)」「電話での連絡ができる」「定収入がある(配偶者も可)」というのが申込条件です。

 

では、以下で基本内容などについて見て行きましょう。

 

まず、決済ブランドですが、P-one standardであれば「VISA」「JCB」「Mastercard」の中から選択できるようになっています。
付帯サービスで選ぶならJCBですが、海外で使いにくいという欠点があります。
VISAとMastercardは世界中に加盟店があるため、海外で使うことが多い場合は、このどちらかにすべきでしょう。

 

また、P-one standardでは、家族カードを申し込むこともできます。
これは、本人会員と同一生計の家族(18歳以上、高校生不可)であることが条件です。
本人会員カード1枚で、3枚まで申し込むことができます。
ただし、本人会員が学生または未成年の場合は申し込むことはできませんし、入会の翌年度からは年200円のカード管理費が発生します。

 

また、P-oneカードでは、ETCカードを作ることもできます。
ただし、発行および更新の際に1,000円の手数料が発生しますし、ポイント付与の対象にならないので、あまり作る利点はないでしょう。

 

そして、P-oneカードには、他のクレジットカードと同じくポイント制度もあります。
貯まったポイントは、商品券やTポイントなどとも交換できますし、現金として口座に振り込んでもらうこともできるので、かなり価値のある物といえます。
ただし、通常の利用でポイントを貯められるのは「P-oneカード(Premium Gold)」「P-oneカード(G)」「P-one FLEXY」だけです。
P-one standardの場合、「ポケットモール(ネットモールを使った際のボーナスポイント)」もしくはキャンペーンに応募するなどの方法でしか、ポイントは貯められません。

 

そして、支払方法ですが、P-one standardを例にとると、「1回払い」「ボーナス一括払い」「ボーナス2回払い」「分割払い」「リボ払い」といった種類が用意されています。
ただし、リボ払いは後から一括で支払っても金利や手数料がかかるので、あまり使わないほうがよいでしょう。

 

では、利点について見て行きたいと思います。

 

P-one standardの最大の利点は、「利用時に自動で1%OFFになる」という物です。
つまり、1万円分の買い物をしたら、利用額は9,900円になるということです。
買い物だけでなく、携帯電話の料金や公共料金の支払いなどについても適用されます。
ただし、「キャッシングの利用分」「電子マネーチャージ」など一部の利用については適用対象外となっています。

 

二つ目は、「レンタカー割引」。
「トヨタレンタリース」「日産レンタカー」などを利用する際、5%の割引が受けられます。
車を持っていない人には、特にありがたいサービスといえます。

 

三つ目は、「パッケージツアー割引」。
ポケットカードトラベルセンターから申し込むことで、旅行会社のパッケージツアーの料金が3〜8%の割引となります。
特に海外旅行は国内に比べて料金が高くなりがちなので、ぜひ利用すべきでしょう。

 

四つ目の利点は、「海外サポートサービス」。
「ポケットワールドデスク」という電話サポートが用意されており、「現地の気候」「為替レート」「チケットの手配」などについて、日本語で相談することができます。
日本時間の9時〜18時であれば、現地からでも通話料は無料となっています(それ以外の時間帯はコレクトコール)。

 

では、P-oneカードの欠点について見て行きましょう。

 

一つ目は、「100円未満は切り捨てとなる」。
P-one standardの利用時の割引は100円を最低単位としており、1〜99円は切り捨てとなっています。
リクルートカードであれば、その月の合計金額に対してポイントが与えられるので端数は無駄にならないのですが、それと比べると「損をしている」という感じは否めません。

 

二つ目は、「保険や付帯サービスが付いていない」。
P-one standardの場合、海外および国内旅行の障害保険や、ショッピング保険などは付いていません。
健康相談や水まわりの応急処置などが受けられる「ポケット・サポート・サービス」というサービスはありますが、1,800円の利用料がかかります。
また、車が故障した時にレッカー移動などをしてもらえる「カーライフホッとライン」というサービスもありますが、やはり700円の利用料がかかります。

 

三つ目は、「還元率が少し低め」。
リクルートカードの還元率は1.2%であり、REXカードの還元率は1.25%なので、それらと比較すると少し低いといえます。

トップへ戻る