楽天Edyのお得な使い方

楽天Edyは楽天の電子マネーで、端末にタッチするだけで決済を行うことができます。
年会費や入会金といったものはいっさい必要ありませんし、お金の支払いにかける時間が減らせるというメリットがあります。
楽天Edyは、電子マネーとして使った金額に応じて、楽天スーパーポイントがたまります。還元率に直すと0.5パーセントで、楽天Edy自体の還元率はそれほど高くはありませが、現金払いの手間を省くことができますし、時間短縮にもなりますから、積極的に電子マネー払いしていくとよいでしょう。

 

楽天Edyの特徴は、楽天スーパーポイントだけではなく、多種多様なポイントがたまることにあります。
楽天スーパーポイントは、楽天Edyで200円の買い物をするごとに楽天スーパーポイント1ポイントがたまります。さらにポイントプラス加盟店では、ポイント2倍で還元率は1パーセントになります。
Edy利用でたまる楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天ブックスなどで1ポイント単位から使うことができ、楽天トラベルや楽天GORAでは100ポイントから使うことができます。
またANA MILEGE CLUB Edyカードの場合は、ANAマイルをためることができますから、頻繁に飛行機を利用する場合には、メリットが大きいといえます。

 

楽天スーパーポイント以外のポイントやANAマイルをためたい場合は、おサイフケータイがおすすめです。
おサイフケータイでは、楽天スーパーポイントだけではなくANAマイル、Tポイント、Pontaポイント、WALLTポイント、ドットマネー、GREEのコイン、ヨドバシカメラゴールドポイント、ヤマダポイント、エポスポイント、ビックポイント、プレミアムドライバーズショッピングポイント、エディオンポイント、マツモトキヨシ現金ポイントなど多様なポイントの中から自分のライフスタイルにあわせてためたいポイントを選ぶことができます。

 

楽天Edyでポイントがたまるのは、楽天Edyを使ったときだけではなく、クレジットから楽天Edyにチャージをすることでも、ポイントをためることが可能です。
楽天Edyへのポイントに加えてクレジットカードへのポイントもたまりますから、二重とりが可能です。
ただどのクレジットカードでもEdyチャージでポイントがたまるわけではなく、リクルートカードや楽天カード、エポスカード、NTTグループカード、JMBローソンPontaカード、出光カードまいどプラス、ANAダイナースプレミアムカード、ANAカード、タカシマヤカード、エディオンカード、JFRカードなどとなっていますから、事前にチェックしておくとよいでしょう。

 

楽天Edyはソニーの非接触IC技術であるフェリカを活用したプリペイド型の電子マネーです。
楽天Edyへのチャージは、コンビニなどの一部提携店舗のレジやEdyチャージャー、クレジットカード、銀行口座などから行うことができ、1回のチャージ金額の上限は25000円となっています。また1枚のEdyカードやおサイフケータイには最大で50000円までチャージを行うことができます。

 

楽天Edyは楽天スーパーポイントがたまる、お店での支払いが簡単でスムーズというのが基本的なメリットといえます。
楽天Edyで支払いをすると、200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントがたまります。
また支払いは端末にタッチするだけで会計がすみますから、小銭をじゃらじゃら出す必要もありませんし、財布をふっきりとしたい人は、積極的に電子マネーを利用するとよいでしょう。

 

楽天ポイントカードは、楽天ポイントの加盟店で掲示すると、ポイントを獲得することができます。そのため楽天Edyと楽天ポイントカードが一つになったカードを選ぶと大変便利です。
楽天カードは楽天Edyと楽天ポイントカードが一つになったカードで、財布に一枚入れておくと便利です。

 

楽天Edyは、使用する前にチャージをしないと、使うことができませんから注意が必要です。
チャージする方法はいくつかありますが、もっとも使う方法としては、
・楽天Edyを原因でチャージする
・クレジットカードでチャージする
・楽天スーパーポイントから楽天Edyにチャージする
こういった方法があります。

 

現金でチャージする方法は、もっとも簡単なチャージ方法で、コンビニのレジで現金を支払えばチャージすることができます。
店舗やショッピングセンターには、Edyチャージャーという現金でチャージするための機械も設置している場合がありますから、手軽にチャージを行うことができます。

 

クレジットカードでのチャージは、少し難易度があがりますが、リクルートカードや楽天カードのようなEdyにチャージが可能なカードを用意し、ユーザー情報登録からクレジットカード情報の登録を行うだけで、スマホから簡単にチャージの手続きが行えます。
また楽天Edy専用のデバイスを用意して、iPhoneとBluetooth接続させ、アプリによってiPhoneから楽天Edyにクレジットカードチャージを行うことも可能です。
そのほかにも、楽天EdyのアプリをiPhoneホーム画面上のAppStoreアプリからダウンロードし、楽天Edyアプリを起動して、派そりの設定を行い、チャージ→クレジットカードとタップすれば、設定しているクレジットカードでチャージを行うことが可能です。

トップへ戻る