クラブオンカードの特徴

クラブオンカードは、そごう・西武百貨店のクレジットカードで、近年ではセブン&アイ・ホールディングスの傘下となり、これまでの高級百貨店からより身近な商品開発や事業サービスへの取り組みが目立ち、今後の動向が注目されています。
クラブオンカードの正式名称は、クラブオン/ミレニアムカードセゾンという名前で、セゾンカードが提供するクレジットカードとなります。
セゾンカードというと永久不滅ポイントが代表的ですが、もちろんクラブオンカードにもポイントは付与されます。

 

クラブオンカードは年会費や手数料が無料で、クレジット機能がついていても同じように無料で使い続けることができます。
ほかの百貨店系のクレジットカードは年会費が有料となるものが少なくありませんが、クラブオンカードは年会費が無料にもかかわらず高還元というメリットがあります。

 

クラブオンカードで買い物をすると、クラブオンカードポイントが5〜7パーセント、さらにセゾンカードの特徴である永久不滅ポイントが、1000円で1ポイントと、ポイントの二重取りをすることができます。
永久不滅ポイントというのは、その名前の通り有効期限がないポイントのことで、1ポイント5円程度の価値となっています。
また1回の利用金額が1000円以下だった場合でも、1ヶ月の合計金額に対してポイントが付与されますから、無駄なくポイントを効率よくためることができます。
有効期限があるとポイントを使い忘れてしまったり、利用料金の割にあまりたまらないということも少なくありませんが、永久不滅のポイントなら普段クレジットカードをあまり使わない人でも、コツコツとポイントをためることができます。
また光熱費や携帯料金などの支払いにクラブオンカードを使えば、さらに効率よくポイントをためることができます。

 

たまった永久不滅ポイントは、クラブオンカードのポイントへと交換を行うことができます。200ポイントは1000ポイントへ交換することができますし、翌々日の買い物から利用することができます。

 

クラブオンカードから契約ができる保険には、じぶんでえらべる火災保険やおとなの自動車保険、海外旅行保険、スーパーバリュープラスの4つの保険があります。
中でもスーパーバリュープラスは、年・月300円で買い物やけがなどの生活を保障するプランが用意されています。
お買い物安心プランに加入すれば、カードで購入した商品が100万円まで補償されますからおすすめです。

 

普段西武百貨店や西友、そごうなどで買い物をしない人は、クラブオンカードはそんなにお得とは思わないかもしれませんが、一般的なセゾンカードの永久不滅ポイントからnanacoポイントに交換するときは、通常永久不滅ポイント200ポイントに対して920ポイント分のnanacoポイントという交換レートになっていますが、クラブオン/ミレニアムカード・セゾンでは、常に永久不滅ポイント200ポイントに対して、1000ポイント分のnanacoポイントに交換することができます。
またクレジットカード機能がないクラブオン/ミレニアムカードのポイントも、100ポイント単位でnanacoポイントに交換することができるのも大きな特徴となっています。

 

クラブオンカードは、セブンCSカードサービスとクレディセゾンが提携して発行しているクレジットカードで、年会費は永年無料でもつことができ、ネットで発行の申し込みをしてから西武池袋本店に行けば、即日でカードを受け取ることも可能です。

 

また入会特典として、西武・そごうで使える1000ポイントのクーポン券が、カード利用前からもらうことができます。
普段西武やそごうを利用しない人でも、セブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズ、ファミール、セブン美のガーデンで使った場合には、永久不滅ポイントに加えて100円につき1ポイントのクラブオンポイントがもらえます。
コンビニの買い物でも、1パーセントの還元を受けることができますから、日常生活でもポイントを効率よくためることができます。
そのほかにも、セブンネットショッピングでも永久不滅ポイントに加えて、200円につき1ポイントのクラブオンポイントがもらえます。そのためセブンイレブンなどの店舗では、合計で1.5パーセントのポイント還元・セブンネットショッピングでは1パーセントのポイント還元を受けられるということになります。

 

モバイルSuicaやSMART ICOCAへチャージを行うと、永久不滅ポイントをためることができます。電子マネーへのチャージではポイント還元がされないというクレジットカードが一般的ですが、クラブオンカードは電子マネーへのチャージでも永久不滅ポイントがたまります。
そのため通勤や通学の電車料金が実質値引きになりますし、電車料金だけではなくコンビニなどでも使えるお店が数多くありますから、間接的に同じポイントをためることができます。
ただ注意しないといけないことは、永久不滅ポイントはもちろん有効期限がありませんが、クラブオン/ミレニアムポイントは加算されて翌年の12月末日までという有効期限がありますから、注意が必要です。

トップへ戻る