JALアメリカン・エキスプレス・カードの特徴

JALアメリカン・エキスプレス・カードはJALと三菱UFJニコス、アメックスが提携して発行しているJALカードで、トラベル特典が充実し、本人に加えて同伴者1名が無料で空港ラウンジが利用できるというメリットがあります。
JALアメリカン・エキスプレス・カードは、JALカードとアメリカン・エキスプレスのライセンスを受けた三菱UFJニコスが提携して発行・運営を行っています。

 

JALカードにはJALカードショッピングマイル・プレミアムという制度があり、ショッピング利用で2倍マイルをためることができます。
JALアメリカン・エキスプレス・カードは、デフォルトではカードショッピング200円あたり1マイルとマイル付与率は0.5パーセントとなっています。JALカード特約店では200円あたり2マイルとなりマイル付与率は1パーセントとなります。
ただJALカードショッピングマイル・プレミアムに入会すると、100円あたり1マイルとなりますし、JALカード特約店では100円あたり2マイルとなりまうから、マイル付与率は2パーセントになります。

 

JALアメリカン・エキスプレス・カードは、税抜きではなく税込みでマイルがたまりますから、税抜き980円の商品でも税込みでは1058円になりますから、端数が無駄になりにくく効率的にポイントをためることができます。

 

JALアメリカン・エキスプレス・カードでためたJALマイルの有効期限は3年間で、原則として振替え後の毎月12日にJMBマイル口座へ自動積算されます。
公共料金や固定電話、携帯電話、インターネット料金、衛星放送、国民健康保険料、NHK料金、医療保険、損害保険の保険料、新聞代などでもマイルをためることができます。
ANAアメリカン・エキスプレス・カードはNHKの受信料はポイントの対象外となっていますし、電力料金やガス料金、水道料金、社保・税金、寄附などは0.5パーセントのマイルとなりますから、JALアメリカン・エキスプレス・カードの方が、毎月定期的な支払いでマイルを効率よくためることができます。

 

JALカード特約店でJALカードで決済すると、ショッピングマイルが通常の2倍ためることができます。
ショッピングマイル・プレミアムを付帯すると、利用金額100円について2マイルが積算され、マイル付与率2パーセントでお得となります。
そのほかにも、JALグループ航空券の購入やJAL/JTA機内販売をはじめ、レストランやホテル・旅館、ゴルフ場、レンタカー、ガソリンスタンド、百貨店など、日本全国に約52000店舗の特約店があります。
またJALグループやイオン、マツモトキヨシ、ファミリーマート、ENEOS、ロイヤルホストなど多数のホテルやレストランなどでもJALマイルをためることができます。

 

JALアメリカン・エキスプレス・カードは、日本国内の空港ラウンジとハワイのホノルル国際空港のラウンジを利用することができます。またカード会員本人だけではなく、同伴者1名まで無料で利用することができますから、旅行や出張などで出発までラウンジでくつろぐことができます。
一般的にゴールドカードでも同伴者は有料というケースが少なくありませんが、同伴者も1名無料というのは絶大なメリットといえます。
ラウンジではソフトドリンクを飲むことができますし、新聞や雑誌なども用意されています。また電源コンセントもありますから、パソコンを使用することも可能です。
成田IASS EXECUTIVE LOUNGE1/2、中部のプレミアムラウンジ セントレア、熊本のラウンジASOでは、無料のアルコールのサービスもあります。

 

JALアメリカン・エキスプレス・カードなら通常のフライトマイルに加えて、区間ごとのボーナスマイルがプレゼントされます。ボーナスマイルはJALグループ便に搭乗した場合が対象となります。
JALグループは日本航空だけではなく、日本トランスオーシャン航空、日本エアコミューター、琉球エアコミューターなどがあります。
通常のフライトマイルにツアープレミアムボーナスマイルが加算されると、合計で区間マイルの100パーセントのマイルを獲得することができます。
JALカード ツアープレミアムは、年会費2160円で、加入すれば対象割引運賃でJALグループ便に搭乗した時に、通常の50から75パーセントしかマイルがたまらない運賃でもお得になります。
エクスペディアなどで購入した格安航空券に搭乗した場合でも、100パーセントのマイルを得られるというのが大きなメリットです。

 

JALマイルはマイレージ会員が死亡した時には、所定の手続きを経て家族がマイルを相続することができます。
会員本人の死亡証明書や裁判所の命令など、故人である会員のマイルの相続権を有することを確かに証明する書類を、JALに提示すれば、マイルを相続することが可能です。

 

JALの先得は予約の変更はできませんし、キャンセルの場合には50パーセントの手数料がかかってしまいます。JALカード会員であれば一般向けの予約開始の2日前に先行予約をすることが可能で、時期によっては割引率は異なるものの、最大で87パーセントオフという実績もあります。

トップへ戻る