インヴァストカードの特徴

通常、クレジットカードの利用でたまるポイントは、電子マネーや商品に交換したり、一定額たまってからキャッシュバックされるのが一般的です。
一方、インヴァストカードではポイントが毎月自動的に口座にキャッシュバックされたり、そえを元手にして投資を行うことが可能です。

 

元手がゼロ円で投資を行うことができますから、投資には興味があってもなかなか手が出せないと躊躇していた人にとっては、楽器的な1枚といえます。

 

インヴァストカードの特徴は、たまったポイントが自動でキャッシュバックされる。
キャッシュバックを元手に投資運用ができるという2つの特徴があります。
一般的にたまったポイントというのは、商品に交換したらい電子マネーにチャージしたりと、ポイントは消費するのが普通です。
ただインヴァストカードでは、ポイントを投資運用して増やすことができますから、投資をしたいと思っている人にもおすすめのクレジットカードといえます。

 

インヴァストカードでは100円で1ポイントが加算され、還元率は1パーセントとなります。たまったポイントは1ポイント1円相当として自動的にインヴァスト証券の口座にキャッシュバックされますから、ポイントの有効期限を気にする必要もありませんし、交換し忘れてポイントを失効してしまうこともありません。

 

またほかのキャッシュバックタイプのカードとは異なり、毎月口座にキャッシュバックされますから、交換単位が設定されませんし、ポイントを有効活用することもできます。

 

インヴァストカードではたまったポイントを自動的に毎月キャッシュバックされます。インヴァスト証券の口座に入金さらた現金は、マネーハッチというサービスを利用して自動売買や再投資も行われます。
キャッシュバック後は自動的に積立投資されますから、初心者でも手軽に投資を始められる仕組みが整っています。
また運用になれれば購入する銘柄や売買手法などの投資スタイルの選択肢も増えていきますから、経験を積みながらスキルアップすることも可能です。

 

インヴァストカードでで積立投資を行うには、インヴァスト証券に口座を開設し、インヴァストカードを発行。インヴァストカードが手元に届いたら、マネーハッチにログインし、インヴァストカードを登録、投資スタイルを選択。このような流れで多続きを行えばインヴァストカードでためたポイントがキャッシュバックされ、自動で積立されていきますから、初心者でも簡単に投資を行うことが可能です。

 

インヴァストカードではJACCSモールを利用することができます。
JACCSモールを経由してショッピングを行うだけで最大13パーセントの還元率で買い物をすることができます。
JACCSモールには楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの大手のネットショップなども含まれていますし、JACCSモールを経由するだけで、還元率を1.5パーセントにまでアップさせあることができますから、頻繁にネットショッピングをする人にはおすすめです。

 

またJACCSモールでは事前にエントリーをしてヤマダ電機やドンキホーテなどで買い物をするだけで還元率がアップしたり、iTunesでもお得にポイントがたまります。
このようにネットショッピング以外でも活用することができますから、街での買い物の際にも、JACCSモールで対象店舗を探してみるとよいでしょう。

 

インヴァストカードには旅行先でけがや病気をしてしまった時に、治療費を補償してくれる旅行傷害保険が付帯されています。
旅行傷害保険は最高1000万円まで補償されますし、入院や通院の金額も補償されますから、万が一の時にはぴったりの1枚です。
ただ国内旅行傷害保険は、利用付帯となり事前に旅費をインヴァストカードで支払った時にだけ補償されますから、注意が必要です。

 

ここまでインヴァストカードのメリットを紹介してきましたが、デメリットとして
・インヴァストカードの積立投資には手数料がかかる
・インヴァストカードの積立投資で確定申告が必要な場合もある
・インヴァストカードにはポイントが加算されない電子マネーもある
こういった点があげられます。

 

インヴァストカードでは売るときと買うときの値段の差で0.1〜0.35パーセント程度、保有しているETFに対する金利が約1.25パーセント+Liborという手数料が設定されています。
Liborは毎月変動するロンドン市場における銀行間取引金利のことで、金額が大きくなると手数料も高額になっていきます。
ただ高額な手数料が発生するのは、大金をインヴァストカードの投資で運用している時だけですから、ポイントだけで運用したいと思っている場合には、そこまで高額になることはありません。

 

インヴァストカードの積立投資で配当利益や売却したことによる売買利益が、年間20万円以上になる場合には、確定申告をする必要があります。
ただ一般的なサラリーマンであれば、原則20万円未満の場合には、確定申告をする必要はないと考えてよいでしょう。

トップへ戻る