ダイナースクラブビジネスカードの特徴

ダイナースクラブビジネスカードは、富裕層に人気のクレジットカードで、ステータス性が高い法人カードとして知られています。
ダイナースのクレジットカードは審査が厳しいことでも知られていますが、これは法人であるダイナースクラブビジネスカードでも同様です。

 

ただステータス性があるということから、多くの個人事業主や会社組織がダイナースクラブビジネスカードへ申し込んでいます。
今回は、法人カードとしてのダイナースクラブビジネスカードのさまざまなメリットや特徴についてご紹介させていただきます。

 

ダイナースやアメックスでクレジットカードをもつ場合、個人のだと審査が厳しくなるのは有名です。
アメックスの場合、法人カードはビジネスでの実績がない個人事業主や会社組織であっても問題なく審査には通過しますが、ダイナースの場合は個人カードと同じように厳しくなっています。
審査が厳しいということは、それでけ誰でももてるカードではないという意味になりますから、ステータス性が高いカードといえます。

 

一般的なダイナースクラブの入会基準としては、年収500万円以上というのがあります。
審査方法はブラックボックスですから、年収が400万円でも審査に通過した人もいますが、基本的に年収500万円以上である必要があります。
現代社会でサラリーマンで年収500万円以上の人は非常に少ないので、サラリーマンよりも経営者を含めたハイステータスの人がダイナースクレジットをもっています。
法人カードも同じように、個人クレジットカードほどではないにしても、審査が厳しくなっています。法人経営者の場合は役員報酬が500万円以上、個人事業主・フリーランスの場合は、確定申告の収入が500万円以上であると、法人カードの審査に通りやすくなります。
ただ個人カードほどの厳しさではないため、審査は法人カードの方が柔軟に対応してくれます。

 

ダイナースクラブビジネスカードには、年齢制限があり、年齢27歳以上の人でないと申し込むことができません。
年齢27歳というのは、代表者のことを指し、法人であれば取締役社長、個人事業主であれば本人になります。そのためどれだけ稼いでビジネスが好調であったとしても、ある程度の年齢に達していないとカードを手にすることはありません。
ダイナースクラブビジネスカードは、追加カードを発行できますが、追加カードについては18歳以上であれば申請できるようになっています。

 

法人カードへ申請する時、気になるものとしては年会費がありますが、ダイナースクラブビジネスカードの年会費は27000円と、法人カードの中でも高い年会費が必要となるクレジットカードといえます。

 

多くの法人カードでは、追加カードの枚数が制限されていますが、ダイナースクラブビジネスカードでは、追加カードを何枚でも発行することができます。
また追加カードを作るときには、追加カードごとに年会費が必要になるのが一般的ですが、ダイナースクラブビジネスカードは、追加カードの発行手数料や年会費はなく、クレジットカードを発行することができます。
そのため追加カードは何枚でも無料で発行できますから、従業員へ追加のカードを作るたびに年会費が高くなるという心配もしなくてすみます。
そのほかにも、ETCカードを追加発行した場合でも発行枚数に限らず無料です。

 

ダイナースクラブカードを利用するときには、利用限度額の上限がないということが有名ですが、これは法人カードでも同様で、いくらでもカード決済を行うことができます。
またクレジットカードにおいて役員や社員用に追加カードを発行した場合、限度額はそれらをすべて合算したものとなります。こうしたことから、追加カードを作るときには、利用限度額に注意しないとすぐに利用額がいっぱいになってしまいます。
一方ダイナースクラブビジネスカードであれば、利用限度額の上限がありませんから、いくら追加カードを発行したとしても、利用枠の心配をする必要がありません。
ただセキュリティの関係上、高額な買い物をしたり利用額が高額すぎる場合には、一時的にカード決済ができなくなる場合もあります。そのため旅行や車の購入など高額な決済をする場合で、すでにカード利用額が多い場合には、事前にダイナースのカードデスクへ電話をしておくとよいでしょう。

 

法人カードを選ぶ時に重要となるのは、海外旅行傷害保険です。
個人クレジットカードとは異なり、法人カードでは国内旅行傷害保険やショッピング保険を使うことはほとんどありません。そのかわり海外旅行傷害保険は重視する必要があります。
海外へ旅行した時に、現地で病気やけがをしたときでも、海外旅行傷害保険があれば、高額な医療費を請求される心配もありませんし、ダイナースクラブビジネスカードであれば海外旅行傷害保険が自動付帯となりますから、カードをもっているだけで自動で海外旅行傷害保険が適応されます。

トップへ戻る