漢方スタイルクラブカード

漢方スタイルクラブカードは、ポイントが1.5パーセントという高還元で、現金でのキャッシュバックが可能ということで人気のクレジットカードです。
漢方スタイルクラブカードは、薬日本堂という漢方薬の会社がプロデュースしているクレジットカードで、発行元はジャックスとなっています。
漢方スタイルクラブカードは、還元率が1.5パーセントと高還元なのが最大の特徴で、JCBや三井住友カードなどと比べるとその還元率の高さは群を抜いています。
還元率が高いクレジットカードとしてリクルートカードもありますが、リクルートカードはたまるのがリクルートポイントであるのに対し、漢方スタイルクラブカードは実質キャッシュバックで現金化できるのがポイントとなります。

 

国際ブランドはVIAS、JCBから選ぶことができ、JCBはJCBカード特典が充実しています。
VISAは世界中で加盟店が多いのがメリットで、地球上で幅広く使える圧巻の決済力があります。
JCBは海外では使えない加盟店も多いため、サブカードとしてVISAかMasterCardを持つ必要があります。そのため海外でも利用したいと思っている場合には、VISAを選択するとよいでしょう。

 

漢方スタイルクラブカードの決済ブランドはVISAとJCBの二種類で、1.5パーセントという還元率ですから、年会費が高いイメージがありますが、初年度の年会費は無料で、2年目以降は1620円となっています。
1620円の年会費は年間で94000円以上利用すれば元がとれ、損をすることはありませんから、携帯電話料金やガス水道料金、電気代、新聞代などの固定費を漢方スタイルクラブカードで支払えば、あっというまに94000円に到達します。

 

年会費がかかるカードは対象外にするという人も少なくありませんが、固定費をクレジットカードで支払えば年会費以上にメリットがあるといえます。

 

漢方スタイルクラブカードの家族カードの年会費は、初年度無料で2年目以降は432円となります。432円の年会費は年間で26000円以上利用すれば元がとれて損をすることはありません。もし配偶者が専業主婦の場合や、リタイヤして収入がないという場合には、家族カードは大変便利です。

 

漢方スタイルクラブカードの還元率は1.5パーセントですから、年間50万円使えば7130円のリターンがあります。年間100万円利用した場合には、18380円となりますからかなりの金額となります。
固定費も支払うことができますから、ういた分で旅行をしたり、おいしいものを食べることができるのも、高還元カードのメリットといえます。

 

漢方スタイルクラブカードは、2000円ごとにたまります。2000円という単位は大きいと感じる人も多いかもしれませんが、1回ごとの利用に対してではなく、毎月の利用額の合計に対してポイントが付与されますから、有効に使うことができます。
漢方スタイルクラブカードでためたポイントは、ポイント獲得月より2年間有効となります。

 

漢方スタイルクラブカードは、交通系電子マネーのSMART ICOCAへのチャージで1.5パーセントのポイントがたまります。毎回切符を買う手間もなくなりますし、小銭が発生したりしませんから便利です。

 

漢方スタイルクラブカードの支払い方法には、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、3、6、10、15、20回払い、リボ払いがあります。
1回払いとボーナス一括払いには手数料はかかりませんが、2回払いも手数料は無料となっていますから、支払いを先送りにできるというメリットがあります。
リボ払いの場合は、還元率が2パーセントにアップしますが、毎月の締め切り日のリボ利用残高に対して1.25パーセントのの手数料がかかりますから、実質年率15パーセントになります。
これは通常のカード払いに比べると手数料の方が圧倒的に高くなってしまいますから、リボ払いはおすすめできません。

 

漢方スタイルクラブカードにはボーナスポイントという制度があり、毎年2月から翌年1月に、カード利用で獲得した合計ポイント数に応じてボーナスポイントをもらうことができます。
年間ポイントが2000から3499の場合、250ボーナスポイントがもらえます。
3500ポイント以上の場合には、350ボーナスポイントがもらえます。ただでさえ1.5パーセント還元でお得なのに、さらに年間66.8万円以上利用すると、ボーナスポイントをさらにもらうことができます。
年間116.8万円以上使うと、年会費以上のポイントがボー案巣で付与されますから、高い年会費はデメリットにはなりません。

 

漢方スタイルクラブカードでためたポイントの交換単位は300ポイントで、Jデポ1500円分や薬日本堂商品割引券3000円分、ANAマイル900マイルへ移行、日本ユニセフ協会へ寄付金1500円分などと交換することができます。
Jデポはカードの支払い額からその分を値引きすることができるポイントのようなシステムで、現金と同じ価値があります。
マイルは1マイル2円程度の価値というのが通説ですから、還元率は2.1パーセントとなります。

トップへ戻る