三井住友VIAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードの年会費は、インターネットで新規申し込みを行うと、初年度は無料となり、次年度以降は各種条件によって無料か半額、割引が適用されます。
次年度以降を年会費無料にするには、マイ・ペイすリボに登録して年1回以上三井住友VISAクラシックカードを利用するか、初年度の2月から翌年度1月の利用合計金額が300万円以上になるようにすることが条件となります。

 

マイ・ペイすリボというのは、月々の支払いを自動でリボ払いにするもので、リボ払いに登録した特典として、次年度の年会費が無料となります。
もし次年度無料の条件を満たせなかった場合には、年会費は1250円かかります。
ただWEB明細登録で500円割引、初年度の2月から翌年度1月の利用合計金額が100万円以上利用で年会費は半額となります。

 

三井住友VISAクラシックカードは、写真が入ったICカードに切り替えることも可能ですから、ほかのカードと比べて、セキュリティ面でも安心です。
万が一カードを紛失してしまった場合でも、顔写真と一致しなければ不正使用と気づくことができますから、不正利用を防止するこうかもあります。
写真入りのICカードはインターネットでは申し込みをすることができませんから、後日手続きが必要です。
またMasterCardでは写真入りのICカードにすることができませんから、写真入りのICカードにしたい場合には、国際ブランドはVISAを選択するようにしましょう。

 

万が一三井住友VISAクラシックカードを紛失したり盗難にあった場合でも、24時間年中無休のサポートサービスが用意されていますから安心です。
サポートサービスは国内だけではなく海外の緊急時であっても対応していますから、安心してクレジットカードを利用することができます。

 

そのほかにも、三井住友VISAクラシックカードを利用すると、1000円で1ポイントのワールドプレゼントというポイントがたまります。
ワールドプレゼントポイントは、1ヶ月の利用合計金額の1000円ごとに、1ポイントがたまるというもので、1回ごとの利用金額に対してではありませんから、端数が無駄にならないというメリットがあります。
ただ国民年金保険料やJR東日本モバイルSuica、モバイルSuica、JR西日本スマートICOCA、Edyチャージ、WAONチャージ、nanaacoクレジットチャージ、プリペイド購入およびチャージなどはワールドプレゼントポイントの加算対象外となりますから注意が必要です。

 

ただ毎月の電気代やガス料金、ガソリン代、携帯電話使用料などを三井住友VISAクラシックカードで支払えば、お得にポイントをためることができますから、お得です。

 

たまったワールドポイントは1ポイント5円相当分として交換することができます。
ポイントは1ポイント3円でキャッシュバックすることもできますし、Amazonギフト券やスターバックスカード、Tポイントなどへ移行することができます。
有効期限は獲得月から2年となっていますから、せっかくためたポイントを失効しないようにできるだけ早く使い切るようにすることをおすすめします。

 

ワールドプレゼントポイントは、ポイントUPモールで最大20倍にすることも可能です。
ポイントUPモールは楽天市場やAmazonが出展しているポイントサイトで、いつもの買い物をポイントUPモールを経由して行えばポイントをアップすることができます。ポイントUPモールはショップサイトを訪問するだけでポイントがもらえますし、BINGOゲームに酸化してBINGOが成立すれば、ポイントがプレゼントされます。

 

三井住友VISAクラシックカードには海外旅行傷害保険が最高2000万円付帯されています。ただこれは自動付帯ではなく利用付帯となりますから、事前に海外旅行の費用を三井住友VISAクラシックカードで支払う必要があります。
もし国内旅行も傷害保険を付帯させたい場合や補償額をあげたい場合には、年会費1500円の三井住友VISAクラシックカードAがおすすめです。

 

この三井住友VISAクラシックカードAは、国内外のどちらでも補償額が最高2500万円となりますし、女性であれば1250円でクラシックカードAと同じ補償内容が適用される、三井住友VISAアミティエカードもあります。

 

三井住友VISAクラシックカードAは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードで、券面のデザインがよくビジネスのフォーマルな場面やプライベートでもスマートに使用することができるのが特徴となっています。
また信頼度の高い銀行系の会社が発行していますから、不正利用を気にすることなく、安心してカードを利用できるのも強みといえます。

 

還元率は、クラシックカードと同じで、通常時は0.5パーセントとなっていますが、リボ払い手数料が発生した場合には、ポイント2倍の還元率1パーセントとなります。
また前年度の年間利用に応じてステージが決定し、V3メンバーであれば還元率は0.65パーセントにアップします。

 

三井住友VISAクラシックカードAにはiDやWAON、PiTaPaといった電子マネーとひも付けすることができます。

トップへ戻る