レックスカードの特徴

レックスカードは、年会費無料のクレジットカードではトップクラスの還元率を誇る、高スペッククレジットカードです。
初めてクレジットカードを作成する場合には、年会費無料のカードからと思っている人も多いと思います。
今回はそんな高スペックを誇るレックスカードのメリットなどをご紹介していきます。

 

レックスカードは年会費無料で、毎月の利用金額2000円ごとに25ポイントがたまります。
2500ポイントたまるとJデポ2500円に交換が可能となります。
2500ポイントをためるには、200000円を利用する必要がありますから、還元率は1.25パーセントとなります。

 

レックスカードの口コミには、
・レックカードLiteは2000円=25ポイントで計算しづらい。でも還元率が高いので文句はいえない。
・レックスカードライトは学生や専業主婦でも取得できるクレジットカードで、年会費はかかるレックスカードと比べても審査は甘くなっているはずです。

 

レックスカードのメリットは、
・還元率はトップクラスの1.25パーセント
・Jデポで現金値引
・付帯補償が充実
・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
こういった点があげられます。

 

毎月の利用金額2000円ごとに25ポイントがたまります。これは還元率1.25パーセントで、トップクラスの還元率となっています。
年会費が有料のクレジットカードでも還元率が1.25パーセント以下のカードは少なくありませんから、この還元率は本当にすごいといえます。
レックスカードはたまるポイントはレックスポイントですが、このポイントはJデポに交換が可能です。
Jデポは利用金額から割引されるので、現金値引きと同じ考え方です。
通常はポイントが貯まるクレジットカードが少なくありませんが、その場合はポイントを使用している人にしかメリットはありません。一方現金値引きであれば誰でも特典を受けることができますから、レックスカードは誰が使ってもメリットがあるカードといえます。

 

レックスカードは年会費無料とは思えない補償も付帯されています。
旅行に行く際にも財布にいれておけば、海外旅行や国内旅行の傷害保険がついていますから安心です。
海外旅行傷害保険は、自動付帯となり、傷害死亡の場合には最高で2000万円、後遺障害が80〜2000万円、傷害治療費用が最高200万円、疾病治療費用が最高200万円、救助者費用が最高200万円などとなっています。
国内旅行傷害保険は、レックスカードで支払った場合のみの適応となりますから注意が必要です。
死亡の場合には1000万円、後遺障害には30〜1000万円、入院1日につき5000円、手術1事故につき1回程度が5万円/10万円/20万円、通院1日につき3000円となっています。

 

レックスカードのデメリットは、公式サイトを見ても損をすることがないクレジットカードといえます。
メインカードとしても十分なスペックですし、年会費無料のクレジットカードでは最強といえます。

 

レックスカードは価格.comとJACCSが手を組んだクレジットカードで、還元率が常時1.25パーセントで、価格.com安心支払いサービスを利用すれば、還元率が少しアップします。
付帯保険は旅行傷害保険とショッピング保険の2種類から選ぶことができ、メインカード無期のクレジットカードといえます。

 

レックスカードの口コミとしては、
・8営業日で口座振替用紙、次の日に本人限定でカードきたよ。在籍確認なし。かなり早い。
・私はリーダーズカードのアマゾンデポジットは3ヶ月の期限があると知って、レックスカードを選択。有効期限にプレッシャーを感じながら、計画的にポイント交換してデポジットを消費するのは面倒だから。
・申し込みから9日目で口座振替依頼書、10日目でカード到着のお手紙だった。まあ昔の郵送申し込み、免許証のコピーのやりとりとかだと1ヶ月音沙汰なしとか当たり前だったから早くなったね。
・届いてから一ヶ月もしないうちにレックスカードの枠増額10万円を電話で頼んでみたら、一時間後くらいに可決の折り返し電話がきたよ。電話で収入だとか、家族構成を聞かれたよ。
・レックスカードのデザインの1つレインボー柄は渋谷界隈の店で喜ばれる。
・入会特典のファーストプレゼントって紙に使った縛と用途書き込め、スペースが足りなければほかの紙に書け、みたいに書いてあるけどめんどくさすぎね。WEB明細を印刷して張り付けるだけじゃだめなの。
・なんで中途半端なネイビーなんて色なんだろ。ブラックでREXのロゴ小さくしてくれたら迷わず決めるのに。
このように、レックスカードはメリットだらけとはいえませんが、一般的なクレジットカードと比べると、還元ポイントがたまりやすいのは間違いないでしょう。

 

22歳男性が月々の生活費用をレックスカードで支払うシミュレーションでは、食費が20000円、交際費が20000円、水道光熱費が10000円、通信費が10000円、交通費が5000円、雑費が5000円で1ヶ月の生活費は70000円となります。
これを一年間続けると840000円かかります。
1年間でたまるレックスポイントは、12600ポイントとなり、年間利用金額が50万円以上になりますから、来年度のレックスカードは年会費無料となります。

トップへ戻る