ライフカードビジネス(スタンダード)

ライフカードビジネス(スタンダード)は、ライフカードが発行するクレジットカードで、年会費が永年無料というのが大きな特徴となっています。
年会費無料の法人カードは大変少ないので、貴重な存在といえます。
またETCカードも無料となっています。

 

ライフカードというと誕生月のポイントアップを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、ライフカードビジネスはポイントがつかないため、還元率0パーセントとなっていますし、付帯保険や付帯サービスもほぼありませんから、年会費無料で法人カードを作りたい人にはおすすめのカードといえます。

 

ライフカードビジネスは希望限度額によって必要な書類が異なります。
希望限度額が100万円以下であれば、登記事項証明書と代表者本人の確認資料だけですみますが、500万円超えの希望限度額では上記以外にも決算書2期分や不動産謄本も必要となります。
個人事業主の場合は、100万円以下の場合は事業主本人の確認資料だけですが、100万円を超える場合には、確定申告書2期分が必要となります。

 

ライフカードの還元率は0パーセントですから、どんなに使ってもポイントがつくことはありませんから注意が必要です。
通常法人カードは基本的に年会費がかかるのが一般的ですが、ライフカードビジネス(スタンダード)は、年会費が無料ですから、非常に珍しいカードといえます。
ただ旅行傷害保険などもありませんから、メインカードとしては不向きといえます。
ポイントもつきませんし、保険もつきませんが、会社を作ったばかりの人や個人事業主でやり、よけいな経費をかけたくないという場合には、おすすめのカードといえます。
ライフカードビジネス(スタンダード)の追加カードは、発行枚数に上限がありませんから、社員全員にカードをもたせても経費に負担となることはありません。またETCカードも年会費無料で何枚でも使用することができますから、無駄なコストを削減でき、社用車を使う機会が多い場合にはとても便利な1枚となっています。
設立間もない会社や、よけいな経費をかけたくないという考えの経営者には、この年会費無料というのは大きなポイントといえます。
ライフカードビジネス(スタンダード)は、年会費は永年無料ですが、海外・国内旅行の付帯保険はありませんし、ポイントサービスもありません。そのためポイントをためたい人や付帯保険があった方が安心するという場合には、ライフカードゴールドビジネスを所持することをおすすめします。

 

法人や自営業として事業をすすめるにあたり、もっていると便利なものがビジネス向けのクレジットカードです。ビジネスでの出費をこのカードで行うようにすれば、事務処理軽減や資金運用などで活躍してくれます。
ライフカードビジネスには、一般向けのスタンダードとゴールドカードの2種類があります。ショッピング枠は最大500万円以上で、出費が多い事業でも活躍できます。
通常のライフカードとライフカードビジネスの違いは、ビジネス向けの優待サービスが充実していることで、事業においてクレジットカードの発行を検討しているなら、ビジネスに特化したライフカードビジネスはおすすめです。

 

ビジネスカードというのは、そのカードで支払えば明確に法人や個人事業主という立場での決済に分けられるというメリットがあります。
自分でプライベート用に発行したカードで、事業の支払いをあわせて行ってしまった場合、どの支払いが事業関連のものなのかがわかりづらくなってしまいます。
またすべての経費を現金ではなく、ビジネスカードで支払えば、まとめて明細にのるためあとから経費などを計算する手間も大幅に軽減することが可能です。
また現金と違って後払いとなりますから、支払いまでに猶予があるというのも大きなメリットです。
現在まとまった現金が手元にはないけど、あとから確実に入ってくるという場合など、カードで先に支払えるのも便利です。
また弁護士との相談サービスや、ビジネス向けの優待や割引サービス、会計ソフトの利用などビジネスに特化した特典を受けることができますから、ビジネス向けにはビジネスようクレジットカードをもっておくのがおすすめです。

 

ライフカードビジネスにはスタンダードとより充実したサービスを受けられるゴールドの2種類があります。
どちらも国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBとなっています。
スタンダードの場合年会費は永年無料ですが、ゴールドは初年度のみ無料で、翌年度からは2000円の年会費がかかります。
スタンダードでもゴールドでもショッピング枠は10万円から500万円、さらに相談すればそれ以上に設定することも可能ですから、高額な限度額を設定して大量の出費を行うことは、全く問題なく可能といえます。
ゴールドとの違いは、付帯保険やポイントサービスで、空港ラウンジサービスもスタンダードのカードでは使用することができません。
特に、スタンダードはポイントサービスが利用できないので注意が必要です。

トップへ戻る