JALカードSuica普通カードの特徴

JALカードSuicaは、JALカードと株式会社ビューカードが提携したクレジットカードで、JAL普通カードにSuicaの機能が追加されていますから、大変便利なカードといえます。
定期券購入やSuicaチャージでたまったポイントは、JALマイルに交換することができますし、JALマイルをSuicaへチャージすることも可能です。

 

JALカードを使用すると、クレジットカードのポイントはつかずに直接マイルがたまります。ANAカードとは違って移行手続きを行う必要がありませんから、効率よくJALマイルをためることができます。
JALカードショッピングマイル・プレミアムに加入していれば、100円ごとに1マイルをためることができますが、未加入の場合は200円ごとに1マイルとなります。JALカードショッピングマイル・プレミアムは年会費3000円かかりますから、年間30万円以上使用するのであればJALカードショッピングマイル・プレミアムに加入した方がお得です。
またJALカードツアープレミアムに加入すれば、フライト時のマイル積算率が100パーセントとなりまるから大変お得です。
ただ年間登録手数料として2000円がかかりますから、年会費よりもたまるマイルが多い人は、加入した方がお得です。

 

JALカード特約店でカードを利用した場合、通常の2倍のマイルがもらえます。
通常200円ごとに1マイルをもらえますが、JALカード特約店では200円ごとに2マイルをもらうことができます。またJALカードショッピングマイル・プレミアムに加入している場合は、通常100円ごとに1マイルもらえるところが、100円ごとに2マイルもらうことができます。このようにマイルが2倍たまりますから、JALカード特約店は事前にチェックしておくとよいでしょう。

 

航空会社発行でSuica機能のクレジットカードは、JALカードのほかにANA VISA Suicaしかなく、JAL派の人にとっては、JALカードSuicaはおすすめです。
日々JRを利用しているだけで本当にお得なのかと疑問に思っている人もいるかもしれませんが、JR乗車以外にもSuicaへのチャージで買い物と同じようにマイルをためることができますし、定期券を購入するだけでもマイルをためることができます。
またETC利用分も買い物と同じ率でマイルをためることができますし、ショッピングマイルプレミアムに入会すれば200円で1マイルのところを100円で1マイルにアップすることもできます。
そのほかにも、ツアープレミアム入会で、通常50パーセント、JALパックの区間マイルが100パーセントもらえるというメリットがあります。
またファミリーマートやイオン、ENEOSなどのマイル2倍特約店も多く、メインカードとして利用する場合には、ANA VISA Suicaよりも年間維持費がやすくなります。

 

カード最大のメリットは、なんといってもJR定期券の購入やSuicaへのチャージでマイルをためることができます。
電車に乗っている時間が45分を超えるような場合、半年の定期代は10万円を超えることも少なくありません。
毎月払っていればそれほど高いとは感じないかもしれませんが、年間20万円というとかなり大きな金額となります。
またオートチャージを利用すれば、通常の記名式SuicaやSuica定期券へのクレジットチャージが可能となり、定期券1枚で使い回すことができます。
Suicaチャージの残高が一定額を下回れば、自動的にクレジットカードからチャージしてくれますから、改札でひっかかることもありませんし、最初の設定さえ行えば、もっとも手間がかからないベストな方法といえます。

 

JALカードSuicaは、申し込み時にビューETCカードを追加で申し込むことができます。
ETCも200円利用ごとに1マイルがたまりますし、年会費は515円かかってしまいますが、頻繁に高速道路を運転するという場合には、JALマイルがたまりやすいといえます。

 

ショッピングプレミアムは、年会費3000円を支払うことで、付与されるマイルが200円→1マイルから100円→1マイルへとアップできる制度です。
年会費が3000円と聞くと高いと思われるかもしれませんが、年間60万円カードを利用しているのであれば、元をとることができます。
特に、定期券だけで年間20万円を使っているような場合には、通常の買い物を年間30万円以上、Suicaへのチャージを10万円ほどすれば十分元がとれます。

 

ツアープレミアムは年会費2000円を支払うことで、通常なら区間マイルの75パーセントしかもらえない先得割引、スーパー先得やマイル積算率50パーセントのパッケージツアーの利用でも100パーセントのマイルがもらえるサービスです。
飛行機にあまり乗らない人の場合は無縁の制度ですが、出張などで2ヶ月に1回程度搭乗するという場合には、加入しておいた方がお得です。

 

JALカードには、付与されるマイルが2倍になる特約店があります。特におすすめの特約店はイオンやENEOS、ファミリーマート、マツモトキヨシ、大丸、モスバーガーなどで、生活に密着した店舗ばかりですから普段の買い物でもマイルを効率よくためることができます。

トップへ戻る