ゴルフ好きにおすすめのGDOカード

GDOカードは年会費無料のゴルフダイジェスト・オンラインのクレジットカードで、GDOゴルフショップを利用すれば、ポイント還元率が3パーセントになるお得なクレジットカードです。ゴルフダイジェスト・オンラインというサイトは、ゴルフ好きなら知っていると思いますが、ゴルフについてのさまざまな情報を発信し、商品やコース予約などもできる便利なサイトです。
GDOカードはこのゴルフダイジェスト・オンラインが発行しているクレジットカードで、使えば使うほどポイントがたまり、そのたまったポイントでゴルフグッズを購入することができますし、プレー代を割引することも可能です。

 

GDOカードの国際ブランドはVISA、MasterCardで、年会費は永年無料となっています。
ポイント還元率は0.3〜3パーセントで、ショッピング保険は100万円まで付帯しています。
通常のショッピングでは1000円につき3ポイントのGDOポイントがたまりますし、ゴルフダイジェスト・オンラインでのショッピングやGDOゴルフ場予約での料金にあてることもできます。

 

GDOカードのメリットとしては、
・GDOゴルフショップでの還元率が3パーセント
・GDOゴルフ場予約で300ポイント付与
・ショッピング保険も自動付帯
こういった点があげられます。
GDOゴルフショップでの買い物にこのカードを利用すれば、1000円につき30ポイントがたまります。
この3パーセントというのは、年会費無料のクレジットカードではトップクラスの数字で、GDOゴルフショップをよく利用するという人は、かなりの節約になります。
またGDOカードはゴルフ場の予約でも大きなメリットがあります。
ゴルフダイジェス・オンラインが運営するゴルフ場予約からGDOカード提携ゴルフ場へ予約をしてプレーをすれば、300ポイントが付与されます。
毎月1回ゴルフをする場合、年間で3600ポイントもたまる計算となります。

 

そのほかにも、GDOカードはショッピング保険も自動付帯されていますから、GDOカードで購入した商品の損害を購入日から90日間補償してくれます。
ただ残念ながらショッピング保険は自己負担額が1万円ありますから、ドライバーやアイアンなど高額な商品を購入した場合には特に便利なサービスといえます。

 

これまでGDOカードのメリットを紹介してきましたが、注意点やデメリットなどもいくつかあります。
GDOカードは、ゴルフダイジェスト・オンラインでの買い物では3パーセント還元されますが、それ以外の使用では0.3パーセントとかなり下がってしまいます。そのためメインカードとしてはやや実力不足なところがあります。
同じ年会費無料のクレジットカードでも、P-oneなどは還元率が1.5パーセントもありますから、普段のショッピングはこういった還元率の高いカードを使った方がよいでしょう。
またGDOカードはETCカードは有料となり、作成すると1000円かかります。
現在はETCカードの発行手数料が無料というクレジットカードが多い中、わざわざお金を払ってETCカードを作る必要はないかもしれません。

トップへ戻る