リクルートカードの特徴

リクルートカードは驚異の高還元率というのが最大の目玉となっているクレジットカードで、無料のカードの場合、還元率は高く手も1パーセントというのに対し、リクルートカードは1.2パーセントとなっています。
また年会費2000円のリクルートカードプラスなら、2パーセントの還元率となっています。

 

リクルートカードは、年会費永年無料のクレジットカードの中ではナンバーワンのポイント付与率を誇っています。
国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBで、家族カードやETCカードも無料となっています。

 

リクルートカードのメリットは
・年会費無料×1.2パーセントの高還元率
・リクルートポイントをPontaポイントに移行が可能
・リクルートのさまざまなキャンペーンでポイントが倍増
このような3つのメリットがあります。

 

クレジットカードを選択するときに重視するのは年会費かもしれませんが、リクルートカードは年会費は永年無料ですし、1000ポイント→12円の高還元率となっています。
これはクレジットカード業界ではトップクラスとなっています。

 

またリクルートカードを使用すると、リクルートポイントがたまりますが、このポイントはポンパレモールやじゃらんnetにも対応していますし、リクルートが提供しているポイントサービスももちろん利用することができます。またPontaポイントへも移行が可能ですから便利に利用することが可能です。

 

リクルートが運営しているポンパレモールでは、毎月1回イベントを実施しており、ポイント2倍や3倍などさまざまなキャンペーンでポイントを倍増することができます。

 

このようにメリットの多いリクルートカードですが、デメリットとして
・期間限定ポイントの期限と失効
・デザインが一択のみ
・カードの明細とリクルートポイントの残高をみるサイトが同一ではない
このような点があげられます。
リクルートポイントには、一生使える通常ポイントのほかにも、期間が決まっている期間限定ポイントがあります。また使えるサイトが決まっているサイト限定ポイントなども混在し、キャンペーンで取得したポイントの多くが、期間限定ポイントかサイト限定ポイントですから、知らない間にポイントが失効していたというケースも少なくありません。そのためこまめにポイントを交換しておくことが大切です。

 

またリクルートカードのデザインは一種類で、シンプルなデザインとなっています。そのため自分好みのデザインにしたい人からすると物足りないかもしれません。
そのほかにも、リクルートカードは、カード利用明細とポイントを管理する会社が異なるため、確認するウェブサイトは別々です。そのため利用する際には注意が必要です。

 

カードでの支払いが嫌いな人であっても、公共料金などはカード払いにしてポイントをしっかりとためるという人も少なくありません。
そういった人にとっては、年会費無料で高還元率のリクルートカードは本命の一つといえます。
また日常的にカードを使って買い物をする人でも、リクルートカードは月の合計金額に対してポイントが付与されますから、小さな買い物であっても無駄なくポイントをためることができるというのも大きなメリットといえます。

 

ポイント付与の判定は月の合計金額で判定というのは、ポイントをためる上では非常に重要なことで、使用ごとにポイント判定がされるパターンもあります。
この使用ごとの付与パターンは、100円ごとに1ポイントの場合,380円なら3Pが付与され残りの80円はなかったものとされます。
一方、リクルートカードの場合、月全部の使用額に対して1.2パーセントのポイント付与の判定がされますから、無駄がありません。
またリクルートカードはETCカードも無料ですし、家族カードも無料ですから、世帯で家族カードをもてばポイントが一つに集約され、ざくざくとポイントをためることができます。
そのほかにも電子マネーのnanacoのチャージを行うことでも、ポイントをしっかりとためることができます。
チャージで1.2パーセント還元されますし、nanacoの支払いで1パーセント付与されますから、実質2.2パーセントの還元となります。
リクルートカードはほかのカードと比べてもポイントがたまりやすといわれていますが、このようにたまりやすい理由がしっかりとそろったカードといえます。

 

じゃらんは日本最大級の宿泊・旅行予約サイトですが、このじゃらんで宿泊予約をするとPontaポイントが2パーセントたまるのに加え、リクルートカードで支払えば1.2パーセント付与されますから、合計3.2パーセントの還元率となります。
またリクルートカードには海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険もついていますし、ショッピング保険も年間200万円がついていますから無料のカードとは思えない寿実ぶりとなっています。
リクルートカードは以前はリクルート関連でしか
ポイントが利用できませんでしたが、現在はPontaポイントとの共通化によってポイントの利用先が豊富となっています。

 

リクルートカードを手に入れるには

 

このリクルートカードに申し込んで審査に通ればカードが手元に届きます。
では、どうしたら手に入るのか、誰でも持てるのか気になりますね。
リクルートカードの申し込みは、スマホやパソコンからネット上で簡単に出来ます。
申し込みボタンを押してからまず、リクルートIDを登録します。
そしてその後に基本情報を入力して申し込みは完了ですね。
ここまでで、遅くとも10分足らずで終わるでしょう。
ウェブ上で申し込み完了するのでとても楽だと思います。
あとは審査に通ればカードが届くのですが、リクルートカードの審査はそれほど厳しくないと言われています。
本人が18歳以上であり、本人または配偶者に安定収入がある事が条件とされています。
つまり、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも持つことが出来るクレジットカードなのです。
高校生を除きますが学生さんでも収入があればリクルートカードを持つことは可能でしょう。
つまり、パートでもアルバイトでも何らかの収入を得ている場合は持てると考えて良いという事です。
しかも、リクルートカードは年会費やカード発行費、維持費は全て無料なのであまり利用しない場合にも持っていても損しないカードであるといえますね。
リクルート社は大手で安心ですし、とりあえず持つクレジットカードとしてもおススメできます。

 

リクルートカードのメリット、その1

 

リクルートカードは作っておいても損しないとは言っても、クレジットカードは怖いと言う人もいるでしょう。
なぜならカードを落としたり盗難にあったりする可能性は誰にでもありますから。
その場合にカードを不正利用されてしまったりする恐れがあると思うと、なかなか便利だとは思ってもクレジットカードは持ちたくないかもしれません。
けれどリクルートカードなら安心なんです。
実はリクルートカードは盗難補償がついているからです。
紛失や盗難の届け出は24時間受け付けていますし、万が一にも不正利用されても大丈夫。
60日前までさかのぼって不正利用された金額を補償してくれるのです。
これならある意味現金を持ち歩く以上に安心ですよね。
現金を盗まれたって戻って来ないのが当たり前ですが、カードを盗まれたって盗難補償で被害をゼロにする事も可能ですから。
現金を多く持ち歩くよりも、リクルートカードを持ち歩いて現金は少なめにした方が安心かもしれませんね。

 

リクルートカードのメリット、その2

 

リクルートカード利用額に対してポイント還元率は、1.2%となっています。
これは普通のクレジットカードに比べると還元率がトップクラスといって良いほどに高いのでそこも大きなメリットの一つです。
支払う度に1.2%のリクルートポイントがもらえるのですから、クレジットカードを使える店ならリクルートカードでの支払いをするのがお得ですね。
こうして貯まったリクルートポイントは、リクルート社の発行しているカードだけあってあちこちで使えます。
例えば、Pontaポイントにも交換できますし、
じゃらん、ホットペッパーグルメホットペッパービューティやポンパレモールでも使えます。
貯めた後の使い道が色々ある中から選べるのも嬉しいですね。

 

リクルートカードのメリット、その3

 

リクルートカードには付帯保険があります。
普段はそんなものが付いていると言われても何のメリットも感じない方がほとんどでしょうが、年会費無料で三つの保険が付いているのは見逃せませんよ。
なんと海外旅行傷害保険が最高で2000万円、国内旅行傷害保険が最高で1000万円、ショッピング保険が年間200万円までです。
完全無料でこんな保険に加入できるなんてなかなかありませんよね。
あまりクレジットカードなんて普段は使わないとしてもこれは作りたくなる理由にはなるのではないでしょうか。
実は海外で医療を受けようとすると日本とは比べられないほどの高額医療費を請求されるのです。
だから、ぜひ海外に行くなら無料でこのリクルートカードを発行して持っていく事をお勧めしますね。

 

リクルートカードを海外で使う注意点

 

リクルートカード、海外旅行傷害保険が付いてるからこれ持ってって海外でも使おうと思ってる方に一つ注意点があります。
それは、リクルートカードはもちろん海外で使えるのですが、JCBブランドを選択して発行したリクルートカードだと世界中で使える、とは行かないのです。
世界中で使えるのは、VISAブランドやマスターカードブランドのリクルートカードなのでJCBだと使えない場合もあると覚えておきましょう。

 

いかがでしょうか?
リクルートカード、持ってて損はなさそうですよね。
ほぼシルバーで柄もない非常にシンプルなデザインですから人を選ばず、どんな人がレジで出すにしても恥ずかしいなんて事にもなりません。
リクルートカードの新規入会ではポイントプレゼントのキャンペーンを行なっている時期もあるのでしっかりチェックして下さいね。

トップへ戻る