クレジットカードの審査

クレジットカードを持ちたいと思ったら、まずは申し込みして審査を受け通過しないとなりません。
クレジットカードはサービスや商品の購入代金を後払いにするカードなので、カード会社からしても信用がない人に安易に持たせると貸し倒れになってしまいます。
そんなクレジットカードを発行するのには所定の審査を受けるのは当然といえますね。
では、その審査はどんなものなのか、またどの位かかるものなのかを見ていきたいと思います。

 

クレジットカードの審査の難易度

 

これは、クレジットカード会社にもよりますしカードのグレードにもよるところが大きい為、一概には言えません。
つまり発行したい本人によって、作れるクレジットカードもあれば作れないクレジットカードもあるのです。

 

審査と年齢

 

しかし、どのクレジットカードも発行できる人の基本の年齢は18歳以上となっています。
そして、多くの場合学生さんは除く、となっていることが多いですね。
中には学生でも作れるカードもありますが基本は学生を除く18歳以上がカード発行できる属性といえます。
学生さん向けの学生カードというのも存在していますので、学生さんはその方が審査に通りやすくおススメです。
やはり社会的責任を負える最低限のラインとしてどこも年齢は18歳以上、と定めているのでしょう。
ちなみに年齢の上限としては申し込み時の年齢が65歳から70歳、というのが主流です。

 

審査と年収

 

本人がクレジットカードを作れる年齢とされる18歳以上70歳未満である場合、次に大切になってくるのは安定収入です。
毎月安定した収入を得ている会社員の方なら審査通過できるクレジットカードは非常に多くあります。
むしろ審査落ちするカードの方が少ないといえます。
年収は低い場合だとしても、ショッピング枠やキャッシング枠は少なくなる可能性はありますが審査通過にはあまり問題ない事がほとんどです。
それは、本人収入が全くない専業主婦や低年収のアルバイトの人でもクレジットカードは持てる場合が多い事からも推察できます。
イオンなど流通系のカードなどは、特に主婦が審査に通りやすく持ちやすいカードです。
そのように配偶者に安定収入があれば年収がゼロの専業主婦でも審査通過出来るクレジットカードは多くあるのです。

 

それに、クレジットカードの申し込み時に年収を申告しなくてはならないとしてもおおよその金額で良いことになっています。
特に審査の際に源泉徴収票の提出も必要ないですし、あるとしたら会社への在籍確認の電話くらいと考えておいて良いでしょう。
ちゃんと会社に勤めていて収入がある事の確認くらいしかされません。
本人または配偶者に安定して収入がある事が分かれば、多くのクレジットカード審査は通ると考えて良いですね。

 

それでも審査に落ちる場合

 

本人が申し込み資格に該当する年齢であり、本人または配偶者に安定収入がある、それでも審査に不利な場合があります。

 

それは、個人の信用情報に問題がある場合。
クレジットカードは後払い方式なので、きちんと代金を支払いしてもらえると思えない人にはカード会社は発行しません。

 

個人の信用情報とは、具体的には他のカードを利用している時の支払い遅延や滞納、多重債務などブラックリストに載ってしまうような金融事故、他のクレジットカードへの申し込み履歴、利用履歴などです。
金融事故を起こしている場合や他のクレジットカードを短期間にいくつも申し込みしていたりすると、カードで現金化するつもりでは?などこの人はお金に困っているのではないかと疑われたりします。

 

他社のローン残高が多かったり借入額が多い場合も借入額が支払い能力を上回ると思われて審査には通りにくくなってしまいます。

 

また、これまで一度もクレジットカードを発行した事がない、ローンの利用もないスーパーホワイトの人も実は審査には不利となります。
それは、利用履歴が無い為に信用情報が無い為にどんな人なのか分かりにくい為です。
また、5年から10年間そうしたカードやローンの利用がない場合にも信用情報はなくなりスーパーホワイトの人と同じになってしまいます。
つまりもし5年から10年の間に金融事故を起こした人でもスーパーホワイトの人と信用情報では変わらないのです。

 

クレジットカード利用を遅延もなく支払ってきた履歴がある方が審査には有利なのです。

 

クレジットカードの審査は、その基準がカード会社によってかなり違います。

 

審査に必要なもの

 

審査には本人確認が必要なので、写真付きの身分証として運転免許証が最もポピュラーなものでしょう。
運転免許証を持っていない場合にはパスポートや健康保険証、半年以内に発行した住民票の写しなどが必要となります。

 

また、クレジットカードの利用代金を引き落とすための口座情報も、もちろん必要です。

 

審査の期間

 

クレジットカード審査にかかる期間はカードにより異なります。
2日以内に審査結果が出るカードもあれば、一ヶ月ほどかかるカードまで差があります。

 

審査が厳しいカードほど審査に時間をかけている傾向はありますが、大体が2週間以内といった所ですね。
審査から発行までを急いでいるなら、申し込むカードがどの位で発行されるか目安を調べてからにしましょう。

トップへ戻る