nanacoチャージでポイントがもらえるクレジットカード

nanacoはセブン&アイグループが発行しているデンシマネーで、セブン-イレブンの店頭で、健康保険料や国民年金保険料、固定資産税、公共料金、所得税、住民税、自動車税などの支払いをすることができるということで、人気を博しています。
ただ税金や公共料金の支払いは、nanacoポイントの付与対象外となります。
そのためnanacoを使って税金払いを特にするにはnanacoへのチャージでポイントがたまるクレジットカードでチャージをする必要があります。

 

nanacoはJCBが運営に携わっていますから、安心して利用できる電子マネーです。nanacoにチャージできるクレジットカードは複数存在しますが、ポイント付与の対象というものも少なくありません。
楽天カードやビックカメラSuicaカード、セブンカード・アイワイカード、JALカードSuica、ライフカード、三井住友カード、JCBオリジナルカード、REXカード、dカード、JTB旅カード、セゾンカードインターナショナル、ミレニアム/クラブ・オンカードなどはチャージはできますがポイントはつきませんから注意が必要です。

 

nanacoカードでポイントがたまるクレジットカードには、リクルートカード、タカシマヤセゾンカード、AOYAMAライフマスターカード、セブンカードプラス、セブンゴールドカードプラス、ファミマTカード、KCカード(JCB)、リーダーズカード、P-oneカードPremiumGold(VISA、JCB)などがあります。
この中でもリクルートカードプラスは還元率が2.0パーセントで、JALマイルへの交換の場合マイル付与率が1パーセントとなっていますから圧倒的におすすめです。
またポイントを小口で消化することができるのも大きな魅力といえます。
ただ2016年9月以降はnanacoチャージはポイント付与の対象外になってしまいました。
現在はリクルートカードがnanacoチャージではもっとも高還元で1.2パーセントとなっています。リクルートカードは年会費無料ですから、nanacoチャージ専用のサブカードとしてもおすすめです。
チャージでたまったリクルートポイントは、ホットペッパーグルメやポンパレモール、じゃらんなどのリクルートのサービスで1ポイント1円で使うことができますし、Pontaポイントとして1ポイント単位で等価交換することも可能です。
JALマイルに関しては、2ポイント1マイルのレートで細かく交換することができます。
Yahoo!JAPANカードは年会費無料のクレジットカードで、JCBブランドの場合nanacoチャージでポイントが付与されます。
還元率は1パーセントですが、Tポイント提携先ではTポイントとあわせてポイント二重取りが可能です。
nanacoチャージでポイント還元率は0.5パーセントですが、年会費無料でカード利用で1ポイント単位で使えるTポイントもたまりますから、サブカードとして活用しやすいというメリットがあります。
Yahoo!JAPANカードは、加入すると大量のTポイントがプレゼントされますから、使用しなくても一度作成して大量のTポイントをゲットするのも一つの方法です。

 

JMBローソンPontaカードVISAは、還元率は0.5パーセントですが、年会費無料でJALマイルをためるのが最優先と考えている人にはおすすめです。
Pontaポイントは2ポイント1マイルのレートでJALマイルに交換することができますし、nanacoチャージした金額の0.25パーセントのJalマイルをためることができます。

 

セディナカードは年会費無料のカードと条件付き無料カード、有料カードの3種類があります。
nanacoチャージを行うことでセディナのわくわくポイントが0.5パーセントためることができます。ただ一定量をためて交換をする必要があり、1ポイント単位では使用することができませんから注意が必要です。
セディナカードは海外キャッシングを利用する人にはお得なクレジットカードで、海外Atmで現地通貨をおろした場合、すぐに会員サイトからペイジーで返済したら、発生する利息を最小化することができます。
またATM手数料や現地ATM手数料は無料となっていますから、海外旅行や出張にいく機会がある人にはおすすめのカードといえます。

 

セブンカードプラスは、セブン&アイグループが発行しているクレジットカードで、ほかのクレジットカードとは異なりnanacoオートチャージも可能で、nanacoチャージで0.5パーセントのnanacoポイントがたまります。
初年度は年会費無料で、次年度以降も前年度のクレジットカード5万円以上の利用で無料となります。
オートチャージというのは、Suicaなどの交通系電子マネーではおなじみですが、自動改札機にタッチして入場するだけで、電子マネーへの入金ができるサービスです。
nanacoでも2017年6月からクレジットカードから自動的にチャージされるnanacoオートチャージが開始しました。
セブン-イレブンかイトーヨーカドーのレジで買い物をする際、支払い後のnanaco残高が設定金額未満になると、自動的にクレジットカードからチャージされるサービスです。

トップへ戻る