箱根温泉旅行体験記とおすすめのアイテム

私が特に楽しかった国内旅行は、有名な観光地である、箱根です。
特に、箱根湯本駅の周辺。
大涌谷や芦ノ湖など、奥地にも素敵な場所はたくさんありますが……。

 

箱根は新宿駅から、ロマンスカー一本で行くことが出来ます。
かかる時間も僅か90分足らず。
料金も通常料金1000円に、特急料金600円で、かなりリーズナブル。
ただし、片道料金ですが。

 

箱根湯本駅でロマンスカーを降りると、駅前は土産物屋が延々と続く魅惑のスポットです。
古いお店と、新しいカフェ風のお店が混在しているのも、面白いところ。
お店に入ってじっくり蕎麦や、海鮮丼を食べるも良し。
手軽にハンバーガーや、揚げ物の食べ歩きをするも良し。
特に駅前は、ソフトクリームに焼きたて煎餅、お団子にさつま揚げなど、ワンバイトフードがたくさんあります。
珈琲ソフトクリームなど、濃厚でビターな風味が堪らないので、オススメです。
ただし寒いので、真冬はちょっと辛いですが……。
ちなみに駅の近くには「とうふシェイク」や「とうふワッフル」など、新感覚のスイーツも数多くあります。

 

荷物が増えるので、お土産は最後に……と思いがちですが、温泉に行く時は、最初に買うことをオススメします。
なぜなら、温泉でのんびりしていると、気がつけば帰りのロマンスカーの時刻ギリギリになりがち。
そうなるとお店も閉まっているし、ゆっくり選ぶ余裕もありません。
干物など生物を避けて購入し、駅のコインロッカーに預けておくと良いでしょう。

 

さて、湯本周辺には「かっぱ天国」を含めて、日帰り&宿泊出来る温泉施設がたくさんあります。
どこも魅力的ですが、個人的に好きなのは「箱根湯寮」です。
中で入浴、マッサージ、食事、買い物が全て出来る素敵な施設。
ただし、宿泊は出来ません。
ちなみに、駅前から無料送迎バスで数分というのも便利です。

 

送迎バスで山を登り、和風な箱根湯寮の建物に到着。
かなり有名なのか、海外のお客さんも大勢来ておられました。
まずはフロントで受付をし、タオルと浴衣、冬は綿入れを借ります。
この浴衣と裸足で、館内をウロウロ出来るのが快適です。

 

お風呂は、室内と屋外に複数ずつ。
明るいうちに、屋外の露天風呂を堪能するのが最高に気持ち良いのです。
青空と箱根の山々を見ながら、ゆっくりお湯に浸かる気持ち良さは、何とも言えません。
鳥の声や冷たい風が、都心から離れたことを実感させてくれます。

 

サウナやお風呂で体を温めたら、一度上がって浴衣に着替えましょう。
館内の食事処は、なんと囲炉裏がある風情あるお店なのです。
注文に応じて、串に刺した肉や魚を、囲炉裏で炙って食べる……昔話の中にいるようで、ワクワクする楽しい時間です。
浴衣で、囲炉裏を堪能……外国から来たお客さんにも、手軽に日本ぽさを楽しんで貰えそうですね。

 

また蕎麦やうどんに天ぷら、スイーツなど、炙らないメニューもあります。
ちなみに、施設内のソフトクリームはやけに氷の粒が大きくて、美味しいです。

 

そしてまたひと風呂浴びた後は、館内のマッサージを受けましょう。
コースがあり、足ツボや肩だけの短いコースから、全身をじっくり揉んでくれる本格的なコースもあります。
薄暗い中で体中をマッサージして貰うのは、何とも心地良い時間です。
また終わった後にサービスしてくれる、漢方入りのお茶もなかなか美味です。

 

最後に屋内のお風呂でじっくり暖まってから、帰り支度をしましょう。
近隣で一泊するのも良いですが、週末に日帰りするのも気楽でオススメです。
駅までの無料送迎バスは、時間に限りがあるのでご注意を。
帰りのロマンスカーも、21時を過ぎると本数がぐっと減ります。

 

帰りに、駅のコインロッカーに預けておいたお土産を、忘れずに回収して……。
楽しい一日を振り返りながら、ゆっくり帰りましょう。

トップへ戻る