富士サファリパークの旅行体験

この夏、静岡へ帰省しました。
初日は、友人と久しぶりに会い、近況報告をしたりして過ごしました。
それから、次の日は兄弟と主人と私で富士サファリパークへ行ってきました。
運転は私の兄弟に任せました(笑)
やっぱり夏休みだから混雑しているかなと思ったのですが、道はそれほど混雑していませんでした。
ラッキーでしたね!
入場料は大人2000円、小人(4歳〜中学生)1000円、3歳以下は無料とのことです。
たまに静岡県民は無料の日があったりするので、そのタイミングで訪れるのも良いかもしれませんね!
今回は兄弟が割引チケットを用意してくれていたので、一人あたり400円引きで入場することができました!
チケットを購入した後は早速、サファリゾーンを巡りました!
サファリゾーンはバスでも行くことができるのですが、訪れた時にはもう売り切れとなっていて乗ることができませんでした。
でも、自由度の高い自家用車で巡る方が良いのかなとも感じました。
間近でトラやゾウ、ラクダなどを見ることができました。
特にゾウは今年から水中を泳ぐところが見れるような展示が始まったそうです。
今回は、泳いでいるゾウを見ることはできませんでしたが、また来た時にはその姿を見たいです。
ゾウやキリンは結構活発に動いていたのですが、あまりの暑さにぐったりとしている動物が多かったように感じました。
木陰で休んでいるので、パッと見た時に発見することができなくて、通り過ぎた後「今いたかも!」と気づくということが多かったです(笑)
それでも、たくさんの動物を間近で見ることができて良かったです!
小型の動物は目の前を通り過ぎてくれたり、結構近いところまで来てくれました。
これもラッキーでしたね!
サファリゾーンを抜けた後は駐車場へ向かいました。
道は混んでいなかったのに、駐車場には大量の車!
第二駐車場を案内されましたが、そこも車が多く、停めるのに時間がかかりました。
サファリゾーンを巡った後には、すでにお昼を回っていたので、早速ご飯を食べにレストランへ。
レストランは何か所かあるようですが、私たちはメインゲートにも近い、売店の横にあるレストランを利用しました。
大学の食堂的な場所でした。
幼児用のメニューがあり、親子連れにはぴったりだなと感じました。
離乳食も用意しているレストランってあまり見かけないような気がします。
子どもも楽しめる場所だからこそですね!
私はオムライスを注文しました。
富士山カレーなどもあり、ここならではのメニューもありました。
結構おいしくて、大満足でした。
ご飯を食べた後は、ふれあいゾーンへ行きました。
こちらは歩いて巡るゾーンです。
「ふれあい」と言っているだけあって、本当に直接触れる動物も多くいました。
動物園定番のポニーへの餌やりや乗馬体験だけでなく、カンガルーなどに触れる機会も設けられていました!
カピバラにも触ったのですが、今までに触ったことのない感覚に驚きました。
そして、どの動物も触られなれているのか、ちょっと達観した表情でおとなしくしていてかわいかったです。
富士サファリパークには犬の館、猫の館、ウサギの館というそれぞれの動物と触れ合える有料スポットがあります。
今回はウサギの館へ入館しました。
結構混雑しているようで、他の館も30分待ちと出ていましたが、たぶん10分程度で入場することができました。
一人500円で、えさやりをする場合は50円追加となります。
えさやりも体験したかったので、餌を購入して中へ入りました。
すると、中にはたくさんのウサギさんがゲージに入って待機していました。
その中からお好みのウサギさんを選んで、20分間抱っこすることができます。
選べる子は餌をあげることができません。
それでもふわふわの子を20分間触ることができて、とっても幸せでした!
おとなしくて、尚且つ可愛い!
選べるウサギさんも耳がピンとなっている子や、ちょっと垂れている子など様々な種類がいました。
20分間のふれあいタイムが終了後、餌をあげることのできるウサギさんの方へ行きました。
こちらも様々な種類の子たちがおり、みんなカットされたニンジンを一生懸命食べていてかわいかったです!
また、奥に囲われたスペースがあったのですが、そこには子ウサギと、ジャイアントラビットがいました!
人間の子どもよりも大きなウサギに驚きましたし、子ウサギのかわいらしさにキュンキュンしました。
富士サファリパークって、結構直接触れあえる動物も多くて、かなり楽しめる場所なんだなと感じました。
売店もかなり商品ラインナップが多くて、観ているだけでも楽しめました。
夏の期間はナイトサファリも行われているようなので、次の機会にはナイトサファリも楽しんでみたいなと感じました。
大人だけで行きましたが、かなり楽しかったです。
また行けたらいいな。

トップへ戻る