家賃滞納した場合の支払方法

当時の私は25歳でOLをしながら都内で1LDK家賃11万円という決して安くないマンションで一人暮らしをしていました。田舎出身の私は、都内暮らしを楽しみながら毎日仕事終わりには同僚と新しくできたレストランやバーに出かけ、持参している現金が足りなければクレジットカードを使うという生活をしていました。もちろん流行りの場所に出かけるには、トレンドの洋服を身にまとっている必要があり、休日には新しい洋服の買い物に行き、カリスマ美容師が経営している美容室で髪の毛を整えてもらい、それなりの値段がする
アクセサリーを購入するこれが私の完璧な日常で、年に数回は海外旅行に行っていました。

 

今でこそ、格安旅行などがありますが当時はもちろんそんな企画は存在しておらず、海外旅行というとかなりまとまった額が必要でした。簡単には行けなかったという事です。それでも友達から海外旅行に誘われると現金がなかったとしてもキャッシングでお金を借りて行っていました。
周りの人から見ると、すごく派手な生活をしていたと思います。とにかく欲しい物、したい事を優先してお金のことなど何も心配していませんでした。このまま仕事をしていれば支払いは何とかなるし、クレジットカードさえあれば何とかなると考えていたんです。そんな時、同じ会社に勤める同僚と
有休を使いヨーロッパ旅行に出かけていたんです。7日間の楽しい時間もあっという間に過ぎ、予約していた飛行機の時間より2時間近く前に空港に着くと、私たちが利用するはずのパイロットをはじめ、航空関連者たちがボイコットをしているで今日は飛行機を利用する事が出来ないと言うのです。

 

私たちの旅行プランは出勤日の前日に日本に着く予定だったので余分に滞在できる日にちを持っていなかったんです。つまり予定の飛行機の便に乗れないという事は私たちが持っている休みをオーバーしてしまうという事です。すぐさま、ほかの会社の飛行機を手配しようとしたのですが、すでにほかのお客さんが予約変更していて空きがないという事でした。

 

すぐに、会社の上司に状況を説明しようと電話しましたが時差の関係で話す事が出来ず結局その日一日を空港で航空券のキャンセル待ちをしていたのすが空きが出る訳もなく航空関連の方からホテルを確保した方が良いと勧められしぶしぶ空港を離れる事にしました。ちょうど夕方になろうとしていた頃に上司とも話す事ができ、状況を使えることが出来ました。理由が理由なのでしょうがないと言ってくれていたのですが、私たちが勤めていた会社は従業員がそれほど多くなかった為、本来2人一緒に有休をとることが出来なかったんです。その為、友達は親族内で不幸があったと言う理由で休みを取っていたんです。結局その嘘も会社に知られる事になってしまい、話は帰ってきてからと上司にきつい言葉をもらいました。それから5日間のボイコット運動の末、やっと日本に帰られることになりました。本来だと延長して外国にいる事が出来ると思うと嬉しいはずなのですが、さすがに浮かれた気持ちにはなれずどうしようもない不安を感じていました。日本にお昼くらいに着いたのですぐさま会社に行きました。会社に着くなり上司に呼ばれ、これを見て欲しい。

 

その後にサインをして欲しいと言われました。私たち2人は言われるままに書類を読み始めて血の気が引いたのを今でも覚えています。その内容は、会社との契約内容を守れなかった為解雇と言う事でした。予想もしていなかった為、頭が真っ白になってしまい自分のデスクにある荷物をまとめた事しか覚えていません。すでに5日間も予定以上に外国に滞在していたのでお金はなく、給料も数日分しか貰えない。
これからどうするべきなのか、どうすればよいのか、という事が頭の中でぐるぐる回り気分が悪かったです。
2週間後には、生活にかかる支払いの日にちが来ます。お給料は数日分しかない。どうやって支払いをすればいいのか悩み、次の仕事が見つかるまでキャッシングでお金を借りて過ごす事にしました。

 

当日の家賃と、他の生活費は何とか払う事が出来ました。ですが、すぐに決まると思っていた次の仕事が
なかなか見つからなかったんです。どんどん借金は増えていくばかりでどうして良いのか分かりませんでした。
何も買い物せず、ただ生きているだけでもこんなにお金がかかるなんて考えた事もありませんでした。

 

都内の一人暮らしのマンションを引き払い実家に帰ることも考えましたが、マンションの契約満期が来ていなかったので引き払うにしても家賃の2か月分を支払う必要がある事を知り、退去する事も出来ないんだと思いました。両親も裕福なわけではなく、私の家賃や生活費を払ってくれるほどお金などなく自分でどうになするしか
ありませんでした。仕事を解雇になってから2か月間はキャッシングでお金を借りて過ごす事が出来ましたが
とうとうクレジットカードのショッピングも使えたくなってしまいました。毎月支払いはしていたのですが
海外旅行に行ったという事もあってすぐに上限額に達していたみたいです。絶望的でした。探しても良い仕事はなく、支払いに追われ返済どころか新たに借金を作っているという現実に気がめいりそうでした。
仕事を解雇されてから3か月目にはキャッシング枠もなくなってしまい、とうとう家賃を払う事が出来なくなってしまいました。不思議な事に平常心でいる自分に気が付きました。
家賃を滞納しても数か月はそのまま住む事が出来ると聞いたことがある。焦る必要はないと思っていました。そんなに
現実は甘くなく家賃の支払い日の次の日には管理会社から
確認の電話があり、突然仕事が解雇になり仕事を探しているので支払いを待って欲しいと言うと、お気持ちは分かりますが契約上待つことは出来ません。3日以内にお振込みを願いますと言われ、もしお振込みが確認できなかった場合は5日以内に退居して頂きますとまで言われました。ここまで厳しいと思っていなかったのでびっくりしたのと、無いお金をどのようにして作ればよいのかも分かりませんでした。もちろん、
これまでも私の責任のない生活を両親や、友達に知られたくなかったので言う事はありませんでしたが、さすがに自分1人の力ではどうしようもなくなり両親に話してみる事にしました。すると、自分でしたことは自分でどうにかしなさいと
怒れ、協力する事は出来ないと言われたんです。言わなければ良かったと思ったときにはすでに遅く管理会社から言われていた3日以内に振込してくださいと言われていた期日は
とっくに過ぎ、明日で5日が経とうとしていました。
5日目の当日、管理会社の数名が自宅に訪れ、事実確認をしたいと言われ話す事になりました。会社から突然解雇になった事、払う意思はある事、払うために努力はしている事のすべてを話しました。すごく良い方達で、あれこれと退居しなくても良い方法はないかと探してくれたそうなんですが、
個人的な理由を聞いて同情しているとビジネスとして成り立たなくなることを言われ、これ以上管理会社の人達を巻き添えにし迷惑をかけることは良くないと思い今日中に出ていく事を伝えました。もし、私がここで出ていかないと言えば、
家具などの私物は差し押さえになるそうです。簡単に考えていた私が完全に子供でした。そこからは気分を変え売れるものはすべてお金にしようと思いました。すぐに近くにある
リサイクルショップに電話をし家具や電化製品を買い取ってもらい、アクセサリーやブランド品は質屋に持っていき
お金にしてもらいました。何とか20万円を作ることが出来ました。すでに数か月分の家賃滞納があったのですがとりあえず1か月分だけ支払いをし、実家に変える事にしました。
実際に実家に帰ってみると、私のいる場所はなく借金の取り立てがうちに来ると近所の目があるので困るから早く出て
行って欲しいと言われとても悲しい思いをしました。お金の問題となると実の親からも怪訝されてしまうのかと思いました。それからは、一人っ子だった私は恥をさらして友達に
頭を下げ新しい家を借りられる資金を貸して欲しいと頼みました。小さいころから仲良しだった友達は快く30万円を貸してくれて近くにあるアパートを借りる事が出来ました。
家を借りる事は出来ましたが、借金がまた増えたのかと
思うと不安で夜も眠れませんでした。次にしなければならなかった事が仕事を探し出す事でした。職種や給料の金額を
重視して探していたのでプライドを捨て、人に迷惑をかけて生きるより何の仕事でも一生懸命に頑張ると決め何とか
アルバイトを決める事出来ました。仕事が決まっても給料は
1か月後にしか入ってきません。その1か月の間の生活費をまた借金しなければいけませんでした。誰に頼れる人もいなかった私は即日借りる事の出来るキャッシングでお金を借り
過ごしました。それからは、アルバイトを2つ掛け持ちし
少ない金額ではありますが、徐々に借金の金額も減ってきています。給料が入ると1番先に家賃を支払うようにしています。1回した家賃滞納が、また次の家賃滞納に繋がり次の借金につながって行く。以前の私からは想像する事も出来ない
過酷な生活にいとも簡単に入ってしまいました。今思い直しても恐ろしいです。計画を立ててお金を使い貯蓄する事はとても大切な事なんだと思い直しました。大人な私が、他の人の前で自分の恥ずかしいプライベートをさらけ出し、お金がなく借金していることを話さなければいけないと言う屈辱はもう二度と感じたくありません。もちろん、ご迷惑をおかけして反省もしています。この先の人生を考えたときにお金に対する良い教訓にもなりました。若い時に出来た良い人生経験だったと思い感謝すらしています。ですが、もう2度と体験したくない経験でもあります。自分をしっかりコントロールして生きていきたいです。

トップへ戻る