ロードサービス

きっかけは車内灯のつけっぱなし
私は賃貸マンションに住んでいます。駐車場は敷地内にあるのですが、住んでいるのが4階ということもあり、車内灯が付いているかどうかはマンション室内から見ることができません。

 

そもそも車内灯が付けっ放しという状況はあまりありませんよね。その時は半ドアということもなく、日曜日の夜に買い物にいき車内灯を使った後に単純に消し忘れてしまいました。

 

発覚したのは水曜日。1階にお住みの方がわざわざ私の住んでいる部屋まで伝えにきてくださいました。お礼を言い、すぐに車の元へ向かいました。

 

しかしこの時点で日曜日から3日も経過。丸3日車内灯を付けっ放しにしてたらもちろんバッテリーは上がり、エンジンはつかない状態。エンジンをかけようとすると、「ウィーン」と少しは反応を見せるものの、エンジンがかかることはありませんでした。

 

私は平日は車を使う用事が特にないので、バッテリーが上がった車をそのままにして、週末に義父にきてもらい車同士のバッテリー接続をする約束をとりつけました。

 

 

義父にお願いするもバッテリーはもどらず
週末になり義父に車で我が家まできてもらいバッテリー接続をしてもらいました。しかし私の車はSUV、義父の車は小型車。バッテリーの大きさもあるのでしょう。なかなかうまくエンジンがかかりません。

 

それから1時間ほどバッテリー回復するのを待ちましたが、特によくなることもなく、どうしたらいいかわからない私は仕方なくディーラーに連絡することにしました。

 

 

ディーラーさんへ電話してみた
今までは車のバッテリーが上がった時は近くに車に詳しい友人がいたのでその人に任せていたのですが、その友人も引っ越して遠い所に行ってしまいました。

 

そういう時って本当にどうしたらいいかわからないんですよね。迷った挙句、私は車を買ったディーラーさんへ連絡をすることにしました。

 

電話口で正直に、以下を伝えました。
・車内灯を付けっ放しにしてバッテリーが上がってしまったこと
・小型車からの回復を試みたが、だめだったこと
・どうしたらいいかわからずディーラーさんへ電話したこと

 

ディーラーさんの対応は単純でわかりやすいものでした。
「JAFのロードサービスへ連絡して救出してもらってください」
その電話でJAFの電話番号も聞き、早速JAFへ電話しました。

 

 

JAFへ電話
JAFへの電話の中でも、ディーラーさんへ伝えたようなことと同じ内容をつたえました。

 

電話口で聞かれたことは以下です。
・車の症状と考えられる原因
・JAF会員への加入有無
・住所
・車種

 

私の場合は、ここで金額の案内をうけました。
「お客様はJAF会員ではないので、バッテリー上がりの場合12,880円の料金がかかってしまいますがよろしいでしょうか。」
もちろん電話口での私が判断した症状の説明なので、この金額で確定ではないとおもいますが事前に料金を知れるのは安心ですよね。

 

また電話口でのJAF会員への加入有無を聞かれた場合に、わからない時は「わかりません」と伝えることをおすすめします。
会員かどうかわからない場合は、電話越しに住所や電話番号をいうことで、JAF会員に登録しているか照会してもらえます。

 

そして最後に「30分ほどで到着しますのでお待ちください。」と案内を受けJAFが到着するのを待ちました。

 

 

実際の処置
約30分後にJAFが到着しました。小型車に作業員の方が一人乗ってきていただきました。

 

事前に電話で車の症状を伝えていたので、その場ではスムーズに車両の点検をしていただけました。

 

そして作業員の方が乗ってきた車と私の車のバッテリーを接続してバッテリーの回復を待ちました。この時に車がバッテリー接続の線で傷つかないように車を保護するシートのようなものをかけていただき、車の傷の心配もなくなりました。

 

その後バッテリーの数値を見る機械も接続して作業員が見ていましたが、やはりSUVはバッテリーが大きく小型車では間に合わないとのこと。作業員が車に積んできた別のバッテリーも接続してさらに回復を待ちました。

 

15分が経とうとしていた時に、やっと私の車のエンジンがかかりました。ここで私はホッと一息。

 

完全な回復まではもう少しかかる、とのことでしたのでもう少し待つことに。

 

さらに10分ほど待つと、作業員がバッテリーの数値を見る機械を見て「これでOKです」との言葉をいただきました。その後の手際もよく色々と出していた工具や予備のバッテリーを片付けていきました。

 

支払いなど
これで全て完了とのことで、お支払いになりました。事前に知らせていただいた通り、金額は12,880円。

 

現金でもカードでもOKとのことだったので私はカードで支払うことにしました。カードを作業員に渡して、車内で支払いの手続きを済まし、カードを私へ返却。オンラインの所為か、少しカード支払いに時間がかかった印象でした。

 

その後「JAF会員へ入りませんか?」と軽い勧誘。私はその時点ではJAF会員へ入る気はなかったので「検討したいので資料があればいただけますか?」と伝え、その場で資料を受け取りました。その後はしつこい勧誘もなく、作業員はお帰りになりました。

 

バッテリー上がりって本当に何もできなくなるので、不安になるんですよね。しかしJAFの作業員の方に迅速に対処していただけたので不安も消え、本当にいい対応をしていただけました。もしバッテリー上がりが癖になってしまっている人はJAF会員になるのもいいかもしれません。

トップへ戻る