高速道路をお得に利用する方法

何気なく支払っている高速道路料金ですが、支払い方法や利用する時間などを見直すことで、お得になることがあります。
特にETCを利用すれば小銭を用意する手間も省けますし、大幅な割引を受けられる可能性もありますから、大変お得です。

 

高速道路を利用する時に必要となる高速料金は、ETCカードか現金払いの2種類の方法があります。
高速料金を安くするためには、出発インターチェンジと到着インターチェンジを調べて検索を行い、複数の使用可能ルートと、通常、ETCの高速料金を調べることができます。
高速料金の早見表は、各高速道路会社で決まったエリア内すべてのインターチェンジ間の料金が記載されています。
これはカーナビが教えてくれないお得なルートを探すのに便利で、車種ごとに料金はわかれていますから、自分の車の車種の欄をチャックすることが大事です。

 

多くの人は、カーナビが教えてくれるルートがもっともお得だと思っているかもしれませんが、ナビ指定のインターチェンジではなく、1区間手前で降りて一般道路を使用した方が、トータルでお得な場合もありますから、高速道路の料金早見表は大変重要となります。

 

以前は高速料金の支払いには回数券やハイウェイカードなどがありましたが、現在はそれらは使用できず現金かETCカード払いのどちらかしかありません。
現時点ではETCカードを使用した支払いの方が、高速料金を安くすることができます。
ETCカードを利用すると、現金払いに比べて最大で50パーセントも割引される場合があります。割引率は時間帯や場所、高速道路株式会社や適用車種によっても異なりますが、現金よりはやすくなります。
ETCカードは、割引になるだけではなく、高速の料金所を通過するだけで車に搭載した端末を通して記録されますから、インターネット上で利用履歴を確認することもできますし、料金所で小銭を用意したりおつりや領収書を受け取る手間も省くことができます。
ETCカードの高速料金の休日割引は、土日祝と毎年1月2日、3日に高速道路の利用料金が割引されます。
ETC高速料金の割引率は30パーセントですが、適用車種は普通車と軽自動車などでETCを使って高速料金の支払いを行う場合に限られます。
また休日割引料金は、都市近郊の高速道路は対象外となっている場合がありますから、事前にチェックしておくとよいでしょう。
また休日割引は、通常平日には適用されませんが、高速に入ったのが平日で、高速からでるのが休日の割引対象となる時間帯の場合には、割引が適用されます。この場合日曜日に高速に入って月曜日に高速からでても割引が適用されますから安心です。

 

高速道路には、平日朝夕割引という制度もあります。
これは平日の朝6時から9時、夕方の17時から20時にETCカードを使って高速道路を利用すると、高速料金が割引になる制度です。
対象となる時間帯の利用回数に応じて割引は異なりますが、30から50パーセントがマイレージポイントとして還元されます。
この平日朝夕割引を利用するには、ETCを搭載するだけではなく、事前にETCマイレージサービスの登録が必要となります。また1ヶ月に5回以上朝夕割引対象時間に高速道路を利用する必要がありますから、高速を使って通勤をする人にはおすすめの制度です。

 

深夜割引は、毎日0から4時にETCを使って高速道路を利用すると、高速料金が割引される制度で、高速料金が30パーセント割引されます。これはすべての車種に適用されますが、ETCをつかって高速料金を支払う必要があります。
ただ深夜割引料金が適用されない高速道路もありますから、事前にチャックしておきましょう。

 

ETCマイレージポイントは、ETCの利用料金にあわせてたまるポイントのことで、たまったポイントは高速道路の利用料金として使用することができます。
またほかの割引サービスと併用することも可能です。
ETCマイレージサービスへの登録は、ETC車載機およびETCカードを用意して、インターネットか郵送で申し込みを行います。
インターネットの場合は、必要項目を入力すれば、申し込み当日の走行からポイントが付与されます。
郵送の申し込みの場合は、専用の申込書に必要事項を記入し、ETCマイレージサービス事務局あてに郵送します。ただ郵送代は自己負担となりますから、インターネット申し込みの方がおすすめです。
ETCマイレージサービスは、ETCカードをお得に利用できるサービスで、高速道路を利用する際にポイントが還元されて、たまったポイントを通行料金にあてることもできます。ETCカードを持っているだけではこのサービスは受けることができませんから、事前に登録しておくようにしましょう。

 

ETCマイレージサービスを登録する際には、事前に用意するものは本人名義となるETCカードつきのクレジットカードかETCパーソナルカードが必要です。
ETCパーソナルカードはクレジット機能はありませんから、事前に道路事業者で発行してもらう必要があります。

トップへ戻る